法事・法要について

思いもよらぬ訃報に驚き、悲しみにくれる中、何かしたいけれど何もできないもどかしさ。そんな思いを経験された方もおられるかと思います。故人を偲び、残されたご遺族の心の癒やしとなる、お供え、お悔やみの供花、枕花を贈りませんか。

法事や法要の種類について

ご法要では故人の冥福を祈り、その霊が別世でよい報いを受けられるようにと、願いを込めて営む大切な儀式です。大切な方が亡くなってからの法要としましては、以下のようなものがございます。

法事・法要に贈るお花

法要に贈るお花は、格式ばったお花でないお花が主流で、籠花(アレンジメント)や花束を贈るのがお勧めです。

【お花の色について】

一般的には、亡くなってから一年程度の場合には、色のあるお花を入れない場合で白基調で仕上げる「白上がり」が無難です。
年月に応じクリーム、淡いピンク、ブルー、紫などア淡い色から加えていきます。
法要になれば、故人が好きだった色や明るく華やかな色など、お花の種類や色合いは選択の幅が広がりますので、あまり色に縛られず、ご遺族が寂しい想いにならないようなお花を選んで見てはいかがでしょうか?

【お届けのタイミング】

法要の日取りが決まったり、またその連絡を受けたら、余裕を持ってお花の手配をし、前日の夕方〜当日の早い時間までにお届けするのがお勧めです。