母の日花ギフト2021 お母さんへ贈る母の日カーネーションや母の日フラワーギフト/お花の宅配花ギフト通販 - エーデルワイス【花の贈り物】

  • エーデルワイス【花の贈り物】新本店

  • ショップレビュー

    ★★★★☆4.5

    レビュー総数:194件
    レビューを見る >>

  • FAXでのご注文(用紙はこちら >>)

    029-350-5360

    受付時間/24時間365日
    ご記入後、上記番号へ送信下さい

  • お電話でのご注文・お問い合わせ

    029-350-5120

    受付時間/午前9時30分〜午後7時
    土日祝営業(※年始除く)

花ギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 > 季節のイベント特集 > 母の日花ギフト2021 お母さんへ贈る母の日カーネーションや母の日フラワーギフト



33 件中 1-33 件表示 













33 件中 1-33 件表示 

母の日花ギフト

母の日花ギフト 特集
お母さんへ日頃の感謝の気持ちや想いを伝えよう

2021年5月9日(日)は母の日です。母の日は日頃の感謝の気持ちやお母さんへの想いを、プレゼントに込めて贈ることが出来る特別な日です。いつも家族をあたたかく見守り支えてくれるお母さんに感謝の気持ちを込めて、心から喜ばれる母の日フラワーギフトをプレゼントしませんか。

ここでは、母の日花ギフトにオススメな母の日カーネーションの鉢花や、契約農家から産地直送でお母さんへ贈る母の日フラワーギフト、毎年人気の母の日カーネーションとスイーツのセットギフトや、母の日に贈りたいアジサイの鉢花などをご紹介します。

他にも、母の日の始まり(起源)や母の日花ギフトの価格の相場、義理のお母さんへ母の日花ギフトを贈る際のポイントや母の日花贈りのマナー、5月9日(日)の母の日より前に母の日花ギフトが届いてしまう場合の対応や、亡くなられたお母さんに供える白色のカーネーションなど、母の日の花贈りをする際に気になるポイントもご紹介しています。

5月9日(日)の母の日には、実のお母さんにも、義理のお母さんにも喜ばれる母の日フラワーギフトをプレゼントして素敵な母の日をお過ごし下さい。

  • 母の日花ギフト

    カーネーション 特集

  • 母の日花ギフト

    産地直送 花ギフト 特集

2021年(令和3年)の母の日はいつ?

2021年(令和3年)の母の日はいつ?

2021年(令和3年)の母の日は5月9日(日)です。母の日は毎年5月の第2日曜日と決められていますが、毎年日付が変わります。毎年5月上旬のゴールデンウィーク明けとなりますので、ゴールデンウィークの内に母の日の計画を立てておくと良いでしょう。母の日ギフトは、3月〜4月頃から販売を開始するショップも多いので、事前に何をプレゼントしようかチェックしておくと、直前になって焦る事もありません。ご家族や兄弟にも相談をして、お母さんが喜ぶサプライズプレゼントなど計画してみてはいかがでしょう。

母の日カーネーション-契約農家から産地直送でお母さんへカーネーションをお届けします-

カーネーション イメージ 大内園芸 産地直送 カーネーション お届け日時指定可

母の日には日頃の感謝の気持ちを込めて、カーネーションを贈る習慣が定着していますね。カーネーションは「女性の愛」「純粋な愛情」「感動」などの花言葉を持っています。同じカーネーションであっても色ごとに異なる花言葉を持っています。あまり花に詳しくない方であればさほど気にしないかもしれませんが、花が好きな人の場合には花言葉を意識するかもしれません。

近年ではカーネーションの色も増えていて、赤色だけにこだわらなくても良い風潮が広まっています。プレゼントするカーネーションを選ぶ際には、色の持つ意味も参考にすると良いでしょう。母の日カーネーションの色を選ぶ際には、シンプルにお母さんが好む色を、もしくは特に好む色がない場合には定番の赤色のカーネーションを贈るのが良いのではないでしょうか。

【赤色のカーネーション】
母の日に贈るカーネーションの定番カラーです。赤色のカーネーションは「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」などの花言葉を持っています。様々なカラーのあるカーネーションの花言葉のなかで、最も直接的な母への想いが込められています。

【ピンク色のカーネーション】
女性らしい色合いのためピンクが好きなお母さんに贈りたいですね。ピンク色のカーネーションは「感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」などの花言葉を持っています。お母さんにとにかく「ありがとう」を伝えたい方にオススメです。赤色のカーネーション同様、こちらも母の日に伝えたい想いが込められた花言葉になっています。

【オレンジ色のカーネーション】
「熱烈な愛」「純粋な愛」などの花言葉を持っています。愛に溢れた花言葉ですが、お母さんより恋人へ向けられる愛に近いニュアンスとなります。

【青色のカーネーション「ムーンダスト」】
「永遠の幸福」という花言葉を持っています。寒色ながら幸せを願う温かい気持ちが込められています。

【紫色のカーネーション】
「誇り」「気品」という花言葉を持っています。エレガントで気品のあるイメージが似合うお母さんに贈りたいですね。また、古くから高貴な色とされていて、落ち着いた色合いから、亡くなったお母さんを偲んで贈るアレンジメントなどにも使用される色です。

【黄色のカーネーション】
淡い色合いで華やかな印象です。しかし、黄色のカーネーションは「軽蔑」「嫉妬」「愛の拒絶」などの花言葉を持っています。そのため、母の日の贈り物としては注意が必要です。

【白色のカーネーション】
母の日が始まった頃にシンボルとされていた色です。白色のカーネーションは「私の愛情は生きている」「私の愛は不滅」「亡き母を偲ぶ」「尊敬」などの花言葉を持っています。こちらは健全なお母さんへ贈るのは避け、亡くなられたお母さんを偲んで供える色の花として定番です。

母の日に贈りたいアジサイ(紫陽花)

母の日に贈りたいアジサイ(紫陽花)

最近では母の日フラワーギフトとして「あじさい(紫陽花)」を贈る方も増えています。毎年、母の日カーネーションをプレゼントしているので他の花を贈りたいと思っている方は、今年の母の日フラワーギフトにあじさいの鉢花を贈ってみてはいかがでしょう。あじさいは「ガクアジサイ」と「ハイドランジア」の二種類に分類されます。「ハイドランジア」は、日本の固有種であった「ガクアジサイ」を西洋で品種改良して誕生しました。

あじさいの特徴である大きな花弁を萼(ガク)片といいます(別名:中性花、装飾花)。あじさいの花は、萼片の奥にある小さく色付いた部分です。「ガクアジサイ」は、萼片が密集した花の外周を覆うように広がり、一般的にイメージされる丸い形ではなく平たい形をしています。「ハイドランジア」は大部分が装飾花となり、花の形も多くの方がイメージする丸い形をしています。

母の日の始まり

母の日の始まり

世界の多くの国々で「母の日は5月の第2日曜日」として広がっています。母の日に感謝の気持ちを伝える風習はいつ頃、どのように生まれたかをご存じでしょうか。今から100年程前にアメリカのウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するために、1908年5月10日にフィラデルフィアで、教会の参列者にカーネーションを配ったのが始まり、という起源が一般的です。

「5月の第2日曜日を母の日にする」と宣言するに至った背景には、アンナ・ジャービスの働きかけがあったと言われています。アンナの母親であるアン・ジャービスは、アンナを授かる以前は、アメリカの南北戦争で負傷した兵士のケアを行っていました。アンは自身がもともと女性で結成していた「マザーズデー・ウォーク・クラブ(母の日ワーククラブ)」という、負傷兵の衛生状態を改善することを目的とした団体を率いて、敵味方関係なく戦争で負傷した兵士の手当てや看護を積極的に行っていたとされています。

戦争終結後も火種が残る南北の敵同士を結び付けるための平和活動を行います。この活動は多くの人々の感銘を誘い、アメリカの平和に貢献します。アン・ジャービスの死後、娘のアンナは母の活動や功績に心を打たれ、そして母への敬意を表すとともに追悼の意を込めて集会を開きました。その時、亡き母が好きだった白色のカーネーションを参加者に配りました。それ以来、母にカーネーションを贈って感謝を表す動きがアメリカ全土に広がり、1914年5月第2日曜日は「母の日」としてアメリカの祝日に制定されました。母の日が制定されて以降、母の墓前に供えるのは白色のカーネーション、健在な母に贈るのは赤色のカーネーションとする風習が一般化しました。

日本における母の日の始まり

日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期の頃とされています。母の日はアメリカからキリスト教由来の行事として日本に入ってきました。1915年(大正4年)には教会でお祝いの行事が開催されました。1931年(昭和6年)に「大日本連合婦人会」が結成されると、昭和天皇の皇后さまの誕生日である3月6日を「母の日」として公式に制定しました。その後、第二次世界大戦後に再びアメリカ文化が日本に流入してくると、アメリカに合わせて5月の第2日曜日を「母の日」とし、日本全国に普及していきました。母の日の贈り物も、アメリカと同じカーネーションが主流です。カーネーションの花言葉は「女性の愛」で、赤色のカーネーションには「母の愛」という意味があります。カーネーションが母の日のプレゼントに欠かせない花とされている理由も分かりますね。

母の日花ギフトの価格の相場

母の日花ギフトの価格の相場

母の日には、大切なお母さんに感謝の気持ちを込めて素敵な花をプレゼントしましょう。しかし、あまりにも高額なプレゼントですと逆に困らせてしまう場合もあります。母の日の贈り物は、自分に負担にならない範囲で気持ちを込めたプレゼントを選ぶのがベストです。

母の日のプレゼントは、3,000円〜10,000円程度の範囲で多く選ばれています。予算の相場としてはかなり幅が広いですが、贈る側の立場や年齢、性別などによっても差があります。この中でも特に選ばれている価格帯は、3,000円〜5,000円程度になります。「結婚して一年目の母の日に、義理のお母さんに失礼のないギフトを贈りたい」「初めての給料で母親にお礼を贈りたい」「遠方に住んでいてなかなか会うことが出来ないため、奮発したプレゼントを贈りたい」などの特別な母の日ギフトを贈りたい場合には、10,000円以上のプレゼントを選ぶこともオススメです。適切な予算に合わせた花の贈り物に「ありがとう」の気持ちを込めて、プライスレスな母の日を演出して下さいね。

実母と義母でプレゼントの価格は変わる?

実のお母さんにも義理のお母さんにも、母の日のプレゼントを喜んでほしいですよね。母の日のプレゼントを選んでいると、疑問に思ったり悩んでしまうのは「実のお母さんと義理のお母さんへプレゼントする際の価格の相場の違い」ではないでしょうか。実のお母さんと義理のお母さんそれぞれに贈る場合、「全く同じ物を贈るわけではないので金額に差が出ることもある」という場合もありますが、多くの人は予算は平等にしているようです。実のお母さんと義理のお母さんが会話をすれば、おおよそのプレゼントの金額が分かってしまう場合があります。このようなトラブルを避けるためだけではなく、大切な二人のお母さんに差を付けるようなことはしないほうが無難です。

気持ちを込めたプレゼントをすることが一番大切です

ここまで、母の日のプレゼントの価格の相場についてご紹介しました。母の日の贈り物を金額の相場に合わせてプレゼントをしても、贈る方の感謝の気持ちがこもっていなければ意味はありません。お母さんの喜ぶ姿を想像しながらプレゼントを選ぶことで、金額に関わらずきっと喜んでもらえるでしょう。ここまでにご紹介した金額の相場や予算は、あくまでも目安として考えましょう。それ以上に、普段なかなか日頃の感謝の気持ち伝えることが出来ないお母さんを想って、お母さんにピッタリの贈り物を選ぶように心がけたいですね。一年に一度の大切な母の日だからこそ、記憶に残るプレゼントを贈るように心がけましょう。

母の日に花を贈る際のマナー

母の日に花を贈る際のマナー

自分のお母さんへ贈るプレゼントであっても、義理のお母さんへ贈るものであればなおさら、母の日に花をプレゼントする際のマナーは大切です。日頃の感謝の気持ちを贈ったのに、マナーを逸脱したために逆に不快な思いをさせてしまうことがないようにしましょう。母の日フラワーギフトはどのような点に注意して贈ったらよいのでしょうか。

もとはアメリカから伝わった文化である母の日に、冠婚葬祭のような特別なマナーはありません。しかし、プレゼントに購入明細書などの金額が分かるものが入っていたりするのは避けましょう。当店からお送りする商品には、明細書などの金額の分かるものは一切同梱しておりませんのでご安心下さい。他にも、母の日の花として一般的なカーネーションですが、贈る花の色によっては誤解を与えてしまう場合がありますので注意が必要です。白色のカーネーションは「亡き母に添える花」、黄色のカーネーションは「軽蔑」「嫉妬」という意味がありますので、母の日フラワーギフトには向いていません。プレゼントを選ぶ際には事前に好みをリサーチしておくことが失敗しない大切なポイントです。

また、母の日花ギフトを贈る際には、差出人の名前にも意識を向けましょう。ご夫婦の場合には、「二人からの感謝の気持ち」という意味も込めて、差出人を夫と妻の連名で贈るのが理想です。

5月9日(日)の母の日より前に、母の日花ギフトが届いてしまう場合は?

当店で取り扱う母の日商品は一部を除き、5月5日〜5月9日の母の日期間内でのお届けとなり、日時指定はお承りしておりません。5月9日(日)の母の日より前に届くことに問題はないのかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

母の日のプレゼントで最も大切なのは、お母さんを想う気持ちです。お母さんにプレゼントを喜んでほしいという気持ちであれば、母の日当日より少し前に届くように贈っても失礼には当たりません。その際に注意すべき点としては、「母の日より少し前だけどプレゼントを贈ります」ということが分かるようにすることです。贈り物が届いたけれど、何のお祝いなのかということを理解していただけるように、プレゼントが届く予定日の夕方や夜にお電話などをするようにしましょう。ここで大切なのは、「母の日よりも前にプレゼントをする」ことです。母の日を過ぎてしまったら、お母さんを悲しい気持ちにさせてしまうかもしれません。万が一忙しくてプレゼントが間に合わないという場合は、お電話だけでも良いので、「今日は母の日ですね、いつもありがとうございます」などを言葉で伝えましょう。

母の日に「日頃の感謝の気持ち」を伝えることはとても大切ですし喜んでいただけます。プレゼントでなくても、電話や手紙が嬉しいものなのです。もし母の日が過ぎてしまっても大丈夫です。お母さんは自分のことを想ってプレゼントしてくれる、その気持ちが何よりも嬉しいのです。「遅れてごめんね」と一言添えて、日頃の感謝を込めて花を贈りましょう。感謝の気持ちを伝えるのに遅いということはありません。

亡くなられたお母さんの仏壇に、白色のカーネーションを供えよう

亡くなられたお母さんの仏壇に、白色のカーネーションを供えよう

亡き母への母の日のお参りは、生前の母の日とは異なります。そのため、花選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。もともと母の日の起源は、亡くなった母を追悼するための集会です。ここでは母の日の原点に返って、亡き母を偲んで贈る花選びのポイントをご紹介します。

母の日に亡き母へ供える花で一般的なのは、白色のカーネーションです。白色のカーネーションには「私の愛情は生きている」「尊敬」などの意味があるため供えられるようになりました。しかし母の日とはいえ、仏前や墓前に供える花はカーネーションに限定する必要はありません。母への想いを表すことが出来れば、どのような花や色であっても問題はありません。お母さんが生前好きだった花や好きな色を基調としたアレンジメントも素敵です。白色や淡いピンク色、紫色や緑色をベースにすれば、上品かつ穏やかな色合いのアレンジメントになります。ユリやトルコキキョウ、カスミ草やカーネーションなどは、お供え用のアレンジメントによく選ばれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。母の日花ギフトにオススメな母の日カーネーションの鉢花や、契約農家から産地直送でお母さんへ贈る母の日フラワーギフト、毎年人気の母の日カーネーションとスイーツのセットギフトや、母の日に贈るアジサイの鉢花など、母の日に感謝の気持ちを込めて贈りたい母の日花ギフトをご紹介してきました。

他にも、母の日の始まり(起源)や母の日花ギフトの価格の相場、義理のお母さんへ母の日花ギフトを贈る際のポイントや母の日花贈りのマナー、5月9日(日)の母の日より前に母の日花ギフトが届いてしまう場合の対応や、亡くなられたお母さんに供える白色のカーネーションなど、母の日花贈りをする際に気になるポイントやマナーもお分かりいただけたのではないでしょうか。

母の日はお母さんへ日頃の感謝の気持ちを伝える大切な日です。最低限のマナーには注意し、お母さんに喜んでもらえる花を、心を込めてプレゼントしましょう。

  • 母の日花ギフト

    カーネーション 特集

  • 母の日花ギフト

    産地直送 花ギフト 特集