ひなまつりに贈る花 桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 本店

  • 電話注文/問合せ
    029-350-5120
    受付/9:30〜19:00
  • 最短の出荷予定日※一部商品を除く
  • お客様からの評価★4.50(266件)全てのレビュー >>
【フラワーギフト専門店】正午までの注文であす着対象地域は「最短翌日着(※一部対象外)」
現在の運送状況について(外部サイトへ移動します) | 佐川急便 | 日本郵便 | ヤマト運輸
  • 母の日に贈る花
  • 父の日に贈る花

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 > 季節のイベント特集 > ひなまつりに贈る花 桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り

ひなまつりに贈る花

ひなまつりに贈る花
桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り

3月3日はひなまつり(ひな祭り/雛祭り)です。ひなまつりは女の子の健やかな成長を願う日です。「桃の節句」とも呼ばれ、雛人形や桃の花を飾ります。ひなまつりに贈る花は、春に咲くチューリップや桜(さくら)の花など、ピンク系の花がオススメです。

注文締切について

3月1日(金)正午までの注文で、3月3日(日)ひなまつりまでのお届け(一部地域/一部商品を除きます)

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈りひなまつりに贈る花 人気アイテムランキング

  1. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/ひなまつりアレンジメント 桜姫

    【ひなまつり花】ひなまつりアレンジメント 桜姫

    4,980円(税込)

  2. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/ひなまつりアレンジメント 花結び

    【ひなまつり花】ひなまつりアレンジメント 花結び

    4,980円(税込)

  3. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春の花束

    【ひなまつり花束】春の花束 M〜2L(チューリップ&スイートピー)

    4,980〜8,280円(税込)

  4. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/桜(さくら)の花束

    【ひなまつり花束】桜(さくら)の花束

    4,980円(税込)

  5. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/そのまま飾れる スイートピーのブーケ(スイートピー&カスミ草)

    【ひなまつり花束】そのまま飾れる スイートピーのブーケ(スイートピー&カスミ草)

    5,280円(税込)

  6. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/フリージアの花束

    【ひなまつり花束】フリージアの花束 M〜3L(フリージア&カスミ草)

    5,480〜9,780円(税込)

  7. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春のカラフルアレンジメント

    【ひなまつり花】春のカラフルアレンジメント

    7,380円(税込)

  8. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春のアレンジメント キュート

    【ひなまつり花】春のアレンジメント キュート

    4,980円(税込)

  9. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春のアレンジメント スプリングミックス

    【ひなまつり花】春のアレンジメント スプリングミックス M/L

    4,980/6,980円(税込)

  10. ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春のアレンジメント プリマベーラ

    【ひなまつり花】春のアレンジメント プリマベーラ

    5,280円(税込)

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り桃の節句 ひなまつりに贈りたい花

ひなまつりに贈るオススメの花は、チューリップ、桜(さくら)、スイートピー、フリージアなどの春に咲く花です。チューリップは子供からの人気も高く、一輪飾るだけでも春の雰囲気を演出してくれます。桜(さくら)は桃の花と同様、「魔除け/邪気払い」をしてくれるとされているため、桃の節句に飾られます。スイートピーは甘く優しい香りが魅力で、フリルのような花びらがひなまつりに可愛らしさを演出してくれます。フリージアは「無邪気」という花言葉を持っており、黄色のビタミンカラーには「元気で活発」という意味が込められています。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願うひなまつりに贈る花 | 特別アレンジメント

  • ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/ひなまつりアレンジメント 桜姫
  • 女の子の健やかな成長を願う

    ひなまつりアレンジメント 桜姫

    4,980円(税込)

    桃の節句のひなまつりに贈りたい、女の子の健やかな成長を願うフラワーアレンジメントです。ひなまつりは「桃の節句」ともいわれ、桃の花が飾られます。同じ春の季節に咲く桜の花も「ひなまつり」に飾られています。理由は、桜は「魔除け/邪気払い」をしてくれるとされているためです。お内裏様とお雛様のひなまつりピック付きです。【サイズ】高さ35cm前後

  • ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/ひなまつりアレンジメント 花結び
  • 女の子の健やかな成長を願う

    ひなまつりアレンジメント 花結び

    4,980円(税込)

    桃の節句のひなまつりに贈りたい、女の子の健やかな成長を願うフラワーアレンジメントです。桃の節句に相応しい可愛らしいピンク色のガーベラや、フリルのような花びらが魅力の甘い香りのスイートピー、元気なイメージのある黄色のカーネーションなどをアレンジしています。お内裏様とお雛様のひなまつりピック付きです。【サイズ】高さ35cm前後

季節を感じられる人気の花を揃えましたひなまつりに贈る花 | チューリップなどの春に咲く花

  • ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/春の花束
  • 子供からも人気の春の花

    春の花束 M〜2L
    (チューリップ&スイートピー)

    4,980〜8,280円(税込)

    春を代表するチューリップは、ふんわりとした優しい雰囲気が魅力です。甘い香りのスイートピーとカスミ草をセットに、ラッピングやリボンもピンク系で可愛らしく仕上げました。チューリップは子供からの人気も高く、年代を問わず幅広く親しまれています。また、一輪飾るだけでも春の雰囲気を演出してくれます。【サイズ】長さ40cm前後

他にもあります3/3の桃の節句 ひなまつり(ひな祭り/雛祭り)に贈る花

ひなまつりの発祥や歴史、雛人形を飾るタイミングなど

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/ひなまつりに贈りたい花や贈る際のポイント、予算の相場など

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り桃の節句 ひなまつり(ひな祭り/雛祭り)とは

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/桃の節句 ひなまつり(ひな祭り/雛祭り)とは

3月3日のひなまつり(ひな祭り/雛祭り)は、別名「桃の節句」とも呼ばれます。桃の節句は女の子の節句として、雛人形や桃の花などを飾ってお祝いします。「節句」とは季節の節目を指す言葉です。3月3日の桃の節句以外にも、5月5日の端午の節句(こどもの日)、7月7日や9月9日などです。どれも縁起の良い奇数が重なる日となっています。1月1日の「元日」は、一年を通しても特別におめでたい日のため、1月7日が「七草の節句」となります。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り桃の節句の発祥は古代中国です

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/桃の節句の発祥は古代中国です

桃の節句の発祥は古代中国まで遡ります。発祥した当時の桃の節句は、邪気を祓う五節句の一つで「上巳(じょうみ/じょうし)の節句」と呼ばれていました。現在のように女の子のお祭りではなく、季節の節目を示す日でした。この時期は梅が咲き終わり、桜が咲くには少し早く、桃の花が咲く時季でした。

また、桃は古くから邪気を祓うものと考えられていました。昔話にもあるように、桃から生まれた桃太郎が邪気の象徴である鬼退治に向かうのも、桃が古くから神聖なものとされていたためです。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り桃の花には「厄祓い」の意味があります

上述の背景のもと、春の訪れと共に咲き、春の季語でもある桃の花から、上巳の日は別名「桃の節句」になりました。桃の花は古来より、「縁起が良い/邪気払い(魔除け)の効果がある」とも信じられてきました。また、桃の花はひなまつりと同じ時季に咲くため、ひなまつりの象徴として使われるようになりました。

これらの理由から、桃の花は女の子の健やかな成長を願って、桃の節句に飾られるようになりました。桃の花は「天下無敵/私はあなたの虜/チャーミング」などの花言葉を持っているため、女性の愛らしさと強さを併せ持った女の子のお祭りの日にピッタリな花です。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り日本でのひなまつり(桃の節句)の始まり

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/日本でのひなまつり(桃の節句)の始まり

日本にひなまつり(桃の節句)の風習が伝わったのは平安時代です。伝わった当時は、高い身分に生まれた女の子の厄除けと、健やかな成長を祈願するお祝い事として始まりました。このお祝い事は後に一般庶民にも広がり、女の子の健やかな成長を願う行事として定着していきました。雛人形は女の子に降り掛かる災いや邪気を代わりに引き受けてくれる守り神として、生まれた女の子が健康で優しい女性に育つように、家族の願いを込めて飾りましょう。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り雛人形の歴史 厄を川に流す「流し雛」

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/雛人形の歴史 厄を川に流す「流し雛」

桃の節句の風習が日本に伝わってから、雛人形は藁や紙で作った人形(ヒトガタ)を川に流して厄を祓う「流し雛」へと発展しました。季節の変わり目である節句は、病気や怪我などの「厄」が訪れやすいと考えられていました。そのような日に災いが起きないよう、「禊(みそぎ)」として人形を川に流す儀式が行われていました。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り雛人形は「流すもの」から「飾るもの」へ

江戸時代になると、職人の雛人形制作の技術が発展していきました。それに伴い、雛人形は簡素な作りから豪華で煌びやで精巧な作りへと変化していきました。そして、雛人形は「流すもの」から家の中で大事に「飾るもの」へと変わりました。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り雛人形を飾るタイミング

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/雛人形を飾るタイミング

2月3日の立春から2月24日頃までに飾りましょう。桃の節句は春の節句のため、春の訪れを告げる立春が一つのベストタイミングです。雛人形を飾る日は「大安の日」が良いとされています。もしくは天気の良い日にお子様と一緒に飾るのもオススメです。

雛人形は2月18日、19日の二十四節気の一つである「雨水(うすい)」に飾ると良いとされています。雨水とは春の暖かさで雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日です。水は生命を象徴する源と考えられています。水神の「弥都波能売神(みつはのめのかみ)」は、豊穣をもたらす農耕神で、「安産や子宝の神」として信仰されています。これらの理由から、「雨水の日にお雛様を飾ると良縁に繋がる」という逸話もあります。

桃の節句に女の子の健やかな成長を願う花贈り雛人形を片付けるタイミング

ひなまつり/ひな祭り/雛祭り/桃の節句/雛人形を片付けるタイミング

3月3日の桃の節句が終了したら片付けますが、一部地域では旧暦の桃の節句(4月3日)まで飾り続けます。遅くとも3月中旬までには片付けましょう。「雛人形の片付けが遅れると婚期が遅れる」という話もありますが、これは迷信です。「片付け出来ない=きちんとした女性になれず結婚出来ない」という、しつけの意味を込めた言い伝えです。

「雛人形をいつまでに片付ける」と決めるよりは、雛人形にとって負担が少なく、良く晴れた湿度が低い日に片付ける事が大切です。雛人形に使用されている素材は湿気に弱いものが多いです。そのため、天気の悪い湿度が高い日と雛人形は、とても相性が悪いのです。湿度が高い日に片付けた場合、翌年に取り出してみたら「カビ」や「シミ」が発生している事もあります。雛人形を大切に扱う意味でも、雛人形にとって天気の良い日に丁寧に片付けましょう。

目次に戻る

×出荷日の案内

最短の出荷予定日
(※一部商品を除く)
地域別配送日数