長寿祝いのお花について/花工房エーデルワイス

  • エーデルワイス【花の贈り物】新本店

  • ショップレビュー

    ★★★★☆4.5

    レビュー総数:204件
    レビューを見る >>

  • FAXでのご注文(用紙はこちら >>)

    029-350-5360

    受付時間/24時間365日
    ご記入後、上記番号へ送信下さい

  • お電話でのご注文・お問い合わせ

    029-350-5120

    受付時間/午前9時30分〜午後7時
    土日祝営業(※年始除く)

【重要なお知らせ】大雪や暴風等の影響により、高速道路の規制等で全国的にお届けに1日以上の遅延や配送不可が発生しております

【対象地域】北海道・青森県・秋田県・岩手県・新潟県・富山県・石川県・福井県・島根県・鳥取県・山口県・広島県・岡山県・愛媛県・徳島県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県/最新の状況は「佐川急便のお知らせ」をご確認下さい >>

北海道、東北地方等の冬季寒冷地への配送について

生花は寒さに大変弱いため、お届け先地域の最低気温が0℃を下回ると、花が凍結し枯れる危険性があります。ご注文の際は、事前にお届け先地域の気温をご確認下さいますようお願い申し上げます。凍結が懸念される気温の場合は、発送を保留とさせていただきます。ご注文前に詳細をご確認下さい >>

花ギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 > 贈る用途で選ぶ 花ギフト > 長寿祝いのお花

長寿のお祝いといえば60歳(数え年では61歳)の誕生日を祝う「還暦」が知られていますが、このほかにも年齢を重ねていくなかで「米寿」や「白寿」など、さまざまなお祝い事があります。 本人の体調など考慮し、できるだけたくさんの人が祝い喜べる日を選びましょう。

長寿祝いの種類と由来

長寿のお祝いは、昔から満年齢ではなく数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近は満年齢で祝う人が増えています。 長寿祝いにはそれぞれ名前と由来があります。

年齢 種類 由来
61歳(満60歳) 還暦 60年で十干十二支が一巡して、もとの暦に還[かえ]る、という意味
70歳 古希 中国の詩人、杜甫の「人生七十古来まれなり」に由来
77歳 喜寿 喜の字を分解すると十七の上に七が付いたような文字となることから。「喜の字の祝い」ともいう
80歳 傘寿 傘の字の略字を分解すると八十となることから
88歳 米寿 米の字を分解すると八十八となることから
90歳 卒寿 卒の字の略字「卆」は九十に分解できるから
99歳 白寿 百の字の一を取ると「白」の字になり、100歳のひとつ手前の99歳を意味している
100歳 紀寿・百寿 紀寿は一世紀を表す「紀」から。百寿は「ももじゅ」といい、百歳を意味している
108歳 茶寿 茶の字を分解すると八十八、十、十となり、すべて合わせると108になることから
111歳 皇寿 皇の字を分解すると白(99歳)、一、十、一となり、すべて合わせると111になることから
120歳 大還暦 2回目の還暦

長寿祝いの祝い方

還暦の祝いは「赤ちゃんに戻って生まれ直す」という意味合いから、赤いちゃんちゃんこや赤いずきん、座布団など「赤いもの」をプレゼントしますが、ほかの長寿祝いではどんな祝い方をするのでしょうか?

古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、卒寿(90歳)では、基本的に紫色のものを贈ってお祝いします。米寿(88歳)は還暦とほぼ同じく金茶色のちゃんちゃんこなど、年齢を象徴する品を贈ってお祝いするのが一般的です。還暦が赤いものを贈るのに対して、金茶のものを贈るのが通例となっています。白寿(99歳)と紀寿・百寿(100歳)は白いものを贈ります。

長寿のお祝いの色一覧

種類
還暦 赤・朱
古希
喜寿 紫(一部、紺色もある)
傘寿 紫(一部、黄色もある)
米寿 金茶
卒寿
白寿
紀寿・百寿

最近の長寿祝いのトレンド

「人生50年」と呼ばれた昔は、還暦まで長生きすることが珍しい時代でしたが、平均寿命が長くなった現在は60歳を超えても元気な人が多くなりました。

そのため、還暦の祝いはあまりおおげさなものにはせず、古稀(70歳)や喜寿(77歳)くらいから盛大に祝うのが一般的になっています。

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示 



51 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ










51 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ