お祝いフラワーギフト/お花の宅配花ギフト通販 - エーデルワイス【花の贈り物】

【花ギフト専門店】最短翌日着で全国発送(一部地域除く) | 土日祝営業(年始除く)

エーデルワイス【花の贈り物】 新本店

ショップレビュー(全て見る >>)

★4.7
レビュー総数:180件

FAXでのご注文(用紙はこちら >>)

029-350-5360
受付時間/24時間365日 ご記入後、上記番号へ送信下さい

お電話でのご注文・お問い合わせ

029-350-5120
受付時間/午前9時30分〜午後7時 土日祝営業(※年始除く)
フラワーバレンタイン
キャッシュレスロゴ
キャッシュレス決済で5%還元

重要なお知らせ

  • 冬季寒冷地へのお届けについて
    冬季期間における重要なご案内です。 寒冷地への配送についてご確認下さい。

人気の特集

  • 春の花贈り
    春の花贈り
  • フラワーバレンタイン
    世界で一番花を贈る日 フラワーバレンタイン2020
  • お悔やみ・お供え花
    お急ぎのお供え花でもお任せください お昼12時までのご注文で翌日配達 ※対応地域に限ります
  • お祝い花
    誕生日や記念日の花ギフトに人気の商品を取り揃えました どんなシチュエーションでも素敵に演出してくれます
  • 青いバラ ブルーローズの花束
    花言葉は「奇跡・神の祝福」 青いバラの花束
  • お昼12時までのご注文であす着対応
    お昼12時までのご注文で翌日配達 ※対応地域に限ります

贈る用途で選ぶ

ショッピングガイド

当店からのお知らせ

  • 画像配信サービス不可
  • LINEでお問い合わせが出来ます
  • FAX注文用紙はこちら
  • 会員登録でもれなく300ポイントプレゼント
    会員登録で300ポイント進呈! 登録はこちらから

春の花ギフト ランキング

  1. 1位 春の花束

    花束

    春の花束

    4,378円(税込)〜

    春の花として人気のチューリップとスイートピーの花束。

  2. 2位 春のカラフルアレンジメント

    アレンジメント

    春のカラフルアレンジメント

    6,908円(税込)

    春の花として人気のチューリップやスイートピーの豪華アレンジ。

  3. 3位 スプリングミックス

    アレンジメント

    スプリングミックス

    4,378円(税込)〜

    チューリップやスイートピーなどをボリュームたっぷりにアレンジ。

  4. 4位 フリージアの花束

    花束

    フリージアの花束

    4,818円(税込)〜

    色鮮やかな黄色に甘酸っぱさのある香りのフリージア。

  5. 5位 春の寄せ鉢ミックス

    鉢花

    春の寄せ鉢ミックス

    4,818円(税込)〜

    みずみずしい春の花を入れた寄せ鉢。

花ギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 > ご用途で選ぶフラワーギフト > お祝いフラワーギフト

49 件中 1-49 件表示 


















49 件中 1-49 件表示 

誕生日プレゼントに花を贈るときには

彼女や奥さん、親や友達や仕事の仲間など、プレゼントをあげる機会は、一年の内に何度かあると思います。
お花はもらうと嬉しいものです。プレゼントと一緒にちょっとした花を添えて渡すだけで、印象に残る誕生日になるはずです。
そんな誕生日のお花の種類や贈り方についてご紹介します。

お花のスタイル

  • 花束(生花)
    手渡しで渡すならやっぱり花束です。プレゼントだけでなく送別会などで渡すのなら花束が良いでしょう。受け取られる方が花瓶が持っていることに注意しましょう。
  • アレンジメント(生花)
    花瓶要らずでそのまま置いて飾れて管理がしやすいです。贈った後を気遣いもしてあげるとさらに嬉しいと思います。
  • プリザーブドフラワー
    プリザーブドフラワーは枯れない加工がしてあるお花です。生花のみずみずしさもあって、その日の思い出が枯れずに残ります。

お花の種類

  • バラ
    彼女や奥さんに贈る定番はバラ!赤だけでなく、当店では青も取り扱っております。
  • ユリ
    ユリの花束は誕生日に贈られる方が多く、お母さんやおばあちゃんなど身内に贈る方が多くいらっしゃいます。
  • 胡蝶蘭
    贈り物の王道のお花かと思います。ちょっと贈るのには大きすぎるという方は卓上サイズの胡蝶蘭「アマビリス」がサイズ的によろしいかと思います。

お花の送り方

当店の所在地は茨城県の水戸市になりますが、配送業者を使用して、東京・大阪・横浜・名古屋・仙台・神戸など全国にお花を配達しております。12時までのご注文で翌日のお届けも可能でございます。(北海道・中国・四国・九州の地域を除きます。)
お花を送るときのポイントをご紹介いたします。

お花を手渡ししたい方

お花を手渡しで渡したいという方は多くいらっしゃいます。
彼女や奥さんへ手渡しするはずがタイミングが合わず配送業者が届けてしまうというケースもございます。
確実に手渡しで渡したい!という方は配送業者のセンター止めでのお届けがおすすめです。

  1. お届け先近くの配送業者の営業所の住所を調べます。(基本佐川急便で配送しています。ゆうパックは800円・ヤマト運輸は900円)
  2. お届け先の住所に調べた営業所の住所でご注文します。その際に営業所の住所の最後に「センター止め」の記載と受取人様のお名前を明記してください。
  3. 指定した配達日になっているか弊社からのメールを確認し、その日に営業所にとりに行きます。
手渡しだと相手の笑顔が見れるし、なにより相手も直接渡してくれたら嬉しいと思います。

お花をお店などに届ける

送別会のときや、記念会や発表会でお花を贈呈するなどお店や公共施設でお花を渡すという場面は多くあります。
直接その場所にお花を届ける場合、お届け先のお店などにはお花が届く旨を予め連絡しておきましょう。
お店の営業時間などもありますので、前もっての連絡は必要かと思います。
またなるべく会の前にはお花が届いていた方がいいので、予約の際にお花の配達日と時間の相談を一緒にするとよいかと思います。

もしわからないことがございましたら、お電話でご案内もしております。
明日届けてほしい場合など、翌日着の指定できる時間帯は地域ごとに違いますので、その際もご連絡いただければと思います。

365日の誕生花

誕生花とは?

誕生花は、生まれた月日にちなんだ花です。1年365日(366日)すべての日に花があてはめられています。誕生花の意味や由来、誕生花についてご紹介します。自分や大切な人の誕生花を知るきっかけにしてみてください。

誕生花の由来

誕生花の由来は国や地域によってさまざまな説がありますが、古いものですとギリシア・ローマの神話の由来が多く述べられているようです。
神話とは古代より語り継がれている伝承で、ギリシア・ローマの人々は神々の伝承を信じる思想から誕生花という概念が生まれるきっかけのひとつと考えられています。

誕生花を贈る

花を贈ることで気持ちを伝えるのは現代でも同じことかと思います。古くから誕生花はあり、昔からその花に想いを込めるのは変わらない習慣と言えます。誕生花を贈ることは、時を越えて語り継がれる神々の想いも一緒に込められているのかもしれません。

おすすめ商品

誕生花をいれたい場合は「おまかせ便」!
花束もアレンジメントもございます
ピンクのバラや赤いバラも入れてほしい!などの細かいご要望は直接店舗へご連絡くださいませ。

結婚祝いに贈る花について

結婚祝には、「結婚おめでとう!」のお祝いのメッセージをお花に託して新郎新婦に届けましょう。贈るお相手の方は、お友だち、会社の同僚、ご家族、それともご親戚でしょうか。本当に喜んでもらえるお祝いの花を、お付き合いの関係にあわせて上手に贈りたいものです。

お花を贈る際の注意点

結婚祝のお花は贈るときは、お届けする場所とタイミングに合わせた注意が必要です。式の当日でしたら、お届け先は式場、二次会の会場、お二人がご宿泊されるホテルのお部屋などのシーンがあります。もし式当日に贈られる場合は、披露宴の開始時間やお相手の方(特に新婦)のお花の好み(色や種類、香り)に注意してお花をお選びください。

式当日の衣装の色などの情報がありましたらスタッフにお話しください。より素敵な贈り物となるようにご提案をさせていただきます。また式の当日ではなく、しばらく経って落ち着かれた頃に新居にお贈りするのも良いでしょう。

結婚祝いでよく耳にするサムシングブルーって何?

結婚式における欧米の慣習に、サムシング・フォー (Something Four)というものがあります。
結婚式で、花嫁がサムシング・フォー(4つのもの)を身に着けると幸せになれると言われていて、
「古いもの (Something Old)」
「 新しいもの (Something New)」
「借りたもの (Something Borrowed)」
「青いもの (Something Blue)」
これらを身に着ける習慣があります。
この「青いもの」の1つとして、ブルーの花をプレゼントすることが喜ばれています。

ご予算の目安

  • 贈る相手別予算相場
  • 友人・同僚・/3千円〜5千円
  • 兄弟・いとこ・親戚/3千円〜8千円
  • 会社関係/5千円〜1万円
結婚祝いに贈る花のプレゼントの予算相場は、3千円〜1万円とあまり幅が広くなく、あまり相場を気にしなくても失敗が少ないプレゼントと言えます。
会社関係の場合は、会社からの贈り物ということで、全体より少し相場が高めのようです。その他、友人や同僚の場合、複数人からまとめて贈る場合は予算が上がりましたが、他のプレゼントと合わせて贈る場合も多く、花のプレゼントだけでの予算は、1万円以内におさめるのが一般的なようです。

結婚祝いに贈る花のプレゼント選びを失敗しないためには?

結婚祝いの花のプレゼント選びで最も気を付けたいのは、色です。特に、赤いバラは恋人に贈る花とされているので、くれぐれも誤解されないように注意したいところです。
また黄色いバラには「嫉妬」という意味が含まれているので、目上の方や、花言葉を気にするような方には避けておいた方が無難です。
その他、贈った後に飾ることなども考慮して、手入れや飾る場所に困らないアレンジメントを選ぶとよいでしょう。贈った後のことまで考えたプレゼント選びをすることが失敗しないカギとなります。

結婚記念日の花

結婚記念日は夫婦の記念日です。正式には夫から妻にプレゼントするものだそうです。特に一年目は夫婦にとっても特別の記念日ですから、ぜひご主人から奥様へ贈っていただきたいもの。

5年目、10年目を過ぎ、25年目、50年目ともなれば、子供や親戚を交えて、お祝いをすることもあると思います。結婚記念日のお祝いには、とくに決まりがありませんので、想い思いにお祝いしましょう。

結婚記念日の呼び名にちなんだ花束

結婚記念日の名称にちなんだ花束を渡し、その意味について花を挟んでふたりで語り合ってみてはいかがでしょうか?

  • 【2年目】藁婚式・・・質素倹約の意味/花束を藁で束ねて。
  • 【4年目】花婚式・・・花が咲き、実がなるように/好きな花でアレンジ
  • 【5年目】木婚式・・・夫婦が一対の木になる/木質系の花を使って。
  • 【13年目】レース婚式・・・深くあやなす愛の証/レースをイメージさせる白いスプレー状の花を入れた花束を。
  • 【25年目】銀婚式・・・いぶし銀の美/ラムズイヤーなどのシルバー系で。

ふたりの年数分のバラを贈る

結婚3年目なら3本、5年目なら5本・・・と毎年1本ずつ花が増えていくのも、これまでに重ねてきた愛情を実感できて楽しいものです。

ふたりの思い出の花を毎年贈る

プロポーズの時の花、結婚式のブーケに使った花。思い出の花は、二人であのころに帰れる魔法の花。結婚式のブーケで持った花束を、毎年奥様に贈られる旦那様もいらっしゃるようです。

ご予算の目安

花束やフラワーアレンジメントがおすすめです。5,000円〜15,000円くらいのご予算が一般的です。また結婚記念日の年数とお花の本数をあわせた花束をお作りすることも可能です。