ハロウィン 秋のフラワーギフト 2019 Halloween| フラワーギフト、花宅配の【エーデルワイス花の贈り物】

エーデルワイス【花の贈り物】新本店

お昼12:00までのご注文で

に最短翌日着で発送いたします

あす着対応地域はこちら

-FAXでのご注文(24時間受付)-

 029-350-5360

ご記入後、上記番号へお送り下さい

FAX注文用紙はこちら

-お電話でのご注文・お問い合わせ-

029-350-5120

受付時間/午前9時30分〜午後7時 土日祝も対応いたします

フラワーギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 花ギフトを全国へお届けしております

当店からのご案内
  • ハロウィンフラワーギフト
  • お正月飾り2020
いらっしゃいませ ゲストさん

お花の宅配花ギフト通販 - エーデルワイス花の贈り物 > イベント・特集ページ > ハロウィン 秋のフラワーギフト 2019 Halloween

ハロウィン 秋のフラワーギフト 2019 Halloween

秋のフラワーギフト-Halloweenを飾ろう-

秋の雰囲気が伝わる花贈りを

秋の花ギフトには、秋の雰囲気が伝わる暖かみのある色合いのものをおすすめします。また、10月31日はハロウィン(ハロウィーン)です。人々が仮装をしたり各地で様々なハロウィンに関するイベントが開催されます。そんなハロウィンを飾るのにおすすめの花を紹介します。

秋のフラワーギフト 人気ランキング Top5

  • 1位 ハロウィン ワイン入りアレンジメント

    アレンジメント

    ワイン入りアレンジメント

    ハロウィンにぴったりのパンプキンポットを入れた、秋らしい色合いのフラワーアレンジメントです。赤ワインのミニボトルがセットです。

  • 2位 おまかせフラワー便

    アレンジメント

    おまかせフラワー便

    花のスタイルやカラー、ご用途、ご予算をお選びいただけます。季節の旬な花で、当店のデザイナーが作成いたします。

  • 3位 くまの子サミー・子ねこのミミ

    プリザーブドフラワー

    くまの子サミー・子ねこのミミ

    くまと黒ネコの2種類から選べるプリザーブドフラワーアレンジメントです。

  • 4位 ハロウィン フラワー・オン・ランタン

    プリザーブドフラワー

    フラワー・オン・ランタン

    ハロウィンにぴったりのジャック・オー・ランタンがモチーフの器を使用した、秋らしい色合いのプリザーブドフラワーアレンジメントです。

  • 5位 ミラクルブルー

    アレンジメント

    ミラクルブルー

    神秘的な青いバラ(ブルーローズ)を使ったフラワーアレンジメントです。

15 件中 1-15 件表示 







15 件中 1-15 件表示 

ハロウィンとは?起源や由来について

10月31日はハロウィン(ハロウィーン)です。日本でも、仮装した人やハロウィンイベントなどを目にする機会も多くなってきています。ハロウィンは、10月のイベントとして定着しつつあります。でも、ハロウィンの本来の意味がどのようなものか、知らない方も多いのではないでしょうか。

またハロウィンといえば、カボチャをくり抜いて作る、ちょっと怖い顔のジャック・オー・ランタンをイメージする人も多いと思います。このジャック・オー・ランタンの起源や由来はご存知ですか。

ここでは、ハロウィンの起源や由来、ジャック・オー・ランタンの起源などについて紹介します。

  1. 目次
  2. ハロウィンの起源
  3. ジャック・オー・ランタンの伝承
  4. カブからカボチャに変わった理由
  5. 仮装するようになった由来
  6. ハロウィンを飾る花や植物
  7. 現代におけるハロウィン
  8. ハロウィンパーティで盛り上がろう

ハロウィンの起源

  • ハロウィンという言葉やイベントは知っていても、その本来の意味や由来を知らない方も多いかと思います。 このハロウィンの起源は、古代ケルト民族のお祭りといわれています。古代ケルトでは、11月1日から新年が始まるとされていました。前日の10月31日の夜に、秋の収穫物を集めた盛大なお祭り(収穫祭)が開かれていたようです。

    また、10月31日はあの世とこの世を繋ぐ扉が開き、先祖の霊が戻ってくると信じられていました。これは日本のお盆に似た考え方といえます。しかし先祖の霊だけでなく、悪魔や魔女といった悪い霊までもが、死後の世界からやってくると信じられていました。悪霊から自身を守る策として、そのような霊と似た恰好をして仲間だと思わせようとしました。ハロウィンに仮装をする由来はここにあります。

    その後、ケルト民族はキリスト教となりましたが、これらの風習だけが現代まで残りました。

  • ハロウィンの起源

ジャック・オー・ランタンの伝承

  • ハロウィンといえば、カボチャをくり抜いて作る、ちょっと怖い顔のカボチャの提灯をイメージする人も多いと思います。これは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれています。
    これ、もとはカボチャではなく、カブだったというのはご存知ですか。
    このジャック・オー・ランタンは、ジャックという悪知恵の働く男の伝承が由来となっています。

    昔あるところにジャックというとても悪知恵の働く男がいました。ある日ジャックは、一人の悪魔と出会います。ジャックは悪魔を騙し、「自分が死んでも地獄には行かない」という約束をさせます。

    死後、魂となったジャックは天国へと向かいます。しかし、生前の行いがとても悪かったため、天国へ入ることを拒まれてしまいます。しかたなく地獄の門へと向かいますが、そこにいたのは「自分が死んでも地獄には行かない」という約束をさせたあの悪魔でした。そのため地獄へも入れてもらえず、ジャックは行き場を失いました。

    今後のことを悪魔に尋ねると、元の場所へ戻るようにといわれます。しかし、真っ暗闇で道も分からず、とても戻れる状態ではありません。そのため、明かりをくれるよう悪魔にいうと、地獄で燃えさかる火種をジャックに与えました。ジャックは拾ったカブで提灯を作り、火種をその中に入れました。その提灯を持ったジャックは、今でもあの世とこの世を彷徨い続けているといわれています。

  • ジャック・オー・ランタンの伝承

カブからカボチャに変わった理由

  • ジャック・オー・ランタンは元々カブを使って作られていました。
    カブからカボチャに変化した理由は諸説ありますが、この伝承がアメリカへ広まったタイミングといわれています。アメリカはカブの栽培に適さない一方、オレンジ色のカボチャの収穫時期と重なったためといわれています。
    それが日本にも伝わり、ジャック・オー・ランタン=オレンジ色のカボチャとなりました。

    もともとカブが使われていた理由は、ハロウィンの起源であるケルト人になじみ深い野菜であったからです。
    ケルト人の風習を色濃く残すアイルランド人やスコットランド人は、19世紀頃に起きた大飢饉のため多くがアメリカへと渡ります。先に記載した通り、アメリカではカボチャの収穫時期と重なったこともあり、ジャック・オー・ランタンにカボチャが使われるようになったようです。

    ハロウィンのイメージカラーが、オレンジ色と黒色であることも理由があります。オレンジ色は収穫、黒色は冬を意味します。これに沿って、ジャック・オー・ランタンにもオレンジ色のカボチャが使われています。

    近年では日本でもハロウィンの時期になると、オレンジ色の観賞用カボチャを取り扱う花屋が増えてきています。

  • カブからカボチャに変わった理由

仮装するようになった由来

  • 「ハロウィンの起源」でも記載した通り、古代ケルトでは、11月1日から新年が始まるとされていました。前日の10月31日には先祖の霊とともに、悪霊もこの世にやってくると考えられていました。
    悪霊は子どもたちを攫ったり、作物や家畜に害を与えるなどの悪行を働くとされていました。そこで人々は、悪霊を追い払うためにした行動が以下になります。

  • 仮装するようになった由来
悪霊と似た恰好(仮装)をした理由
同じ悪霊だと思わせる
子どもを攫われるのを防ぐため。
悪霊に仲間だと思わせる
作物や家畜の被害から逃れるため。
この世の人間の怖い姿を見せる
恐怖感を与え退散させるため。

つまり、自分自身が悪霊と似た恰好をして、危害が加わらないようにしていたというわけです。この風習が現代まで伝わり、ハロウィン=仮装するのイメージが定着しました。

ハロウィンを飾る花や植物

観賞用カボチャ

  • ハロウィンといえばカボチャですよね。ハロウィンの飾り付けにおすすめが、この観賞用カボチャです。サイズは直径5〜15cm程度で、様々な色の種類があります。観賞用として生産されているため食用には向いていません。観賞用は食用よりも皮が硬く、実も美味しくありません。観賞用のカボチャを総称して「おもちゃかぼちゃ」といいます。

  • 観賞用カボチャ

観賞用トウガラシ

  • 観賞用トウガラシは、緑、黄色、オレンジ、紫、赤、白などのカラフルな実がなるため、ハロウィンの飾り付けにおすすめです。実の形は食用のトウガラシのような細長く尖ったもの、丸くふくらんだものなど様々です。鑑賞用として生産されているため食用には向いていません。色とりどりのため、実りの秋を感じられる植物です。

  • 観賞用トウガラシ

ガーベラ

  • ガーベラは一輪挿しもできるほど花のサイズが比較的大きく、様々な色の種類があります。また、ガーベラは多くの人に愛されている花でもあります。ハロウィンに最適なオレンジ色はもちろん、秋の雰囲気が感じられる暖かみのある色もおすすめです。

  • ガーベラ

すすき(ススキ)

  • 秋の季節に見かける機会が多いすすきもハロウィンを飾るのにおすすめです。少し枯れかけて垂れ下がった雰囲気も、ハロウィンに向いています。

  • すすき(ススキ)

現代におけるハロウィン

  • 古代ケルト人の風習をキリスト教の文化に取り入れた形で、ハロウィンの文化は現代に継承されています。

    アメリカに移ってからは、主に子どものお祭りとして広まりました。ハロウィンには人々は賑やかに騒ぎ、各地でパレードやパーティーが開かれています。カボチャをくり抜いてキャンドルを入れた「ジャック・オー・ランタン(カボチャ提灯)」を作ったり、仮装をして「Trick or treat?」(お菓子をくれないと、いたずらするよ)といって家々を回ったりしています。

    日本におけるハロウィンも、人々が仮装をしたり各地で様々なハロウィンに関するイベントが開催されます。

  • そもそもハロウィンとは?

ハロウィンパーティで盛り上がろう

  • 大きな盛り上がりを見せるハロウィンイベント。特に小さなお子様のいるご家庭では、自宅でハロウィンパーティを開く方が増えているそうです。

    ハロウィンのホームパーティで欠かせないのは、雰囲気作りをするための装飾や仮装ですよね。雑貨屋や100円ショップでもハロウィングッズは取り扱っています。プラスチック製のジャック・オー・ランタンや、観賞用カボチャをレイアウトするだけでも、家の中がハロウィンの雰囲気に包まれます。ワンポイントの仮装をするだけでもハロウィンの雰囲気が楽しめます。

    また、お友達やお知り合いの方をご自宅に招待する場合には、皆でワイワイと楽しめるお菓子や料理と、ハロウィンにぴったりな秋を感じることが出来る花でお部屋を飾ってみましょう。

  • ハロウィンパーティで盛り上がろう