ひまわりの花言葉の意味とは 花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 本店

  • 電話注文/問合せ
    029-350-5120
    受付/9:30〜19:00
  • 最短の出荷予定日※一部商品を除く
  • お客様からの評価★4.50全てのレビュー >>
【フラワーギフト専門店】正午までの注文であす着対象地域は「最短翌日着(※一部対象外)」
現在の運送状況について(外部サイトへ移動します) | 佐川急便 | 日本郵便 | ヤマト運輸
  • お盆の花(新盆花/初盆花)
  • ひまわりの花贈り

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 > ひまわりの花言葉の意味とは 花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

ひまわりの花言葉の意味とは 花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

ひまわりの花言葉の意味とは
花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

夏を代表するひまわりの花ギフトは、夏に生まれた方への誕生日プレゼントや結婚記念日の花贈りなど、様々なお祝いのシーンに人気があります。ひまわりは「あなただけを見つめる/憧れ/情熱」などの明るく前向きな花言葉を持っています。「あなただけを見つめる」という花言葉から、恋人へのプロポーズの花束としても贈られます。

また、ひまわりの持つ黄色は、ビタミンカラーとしても知られており、「明るくポジティブな気分になる/気持ちが上がり元気になる」などの効果があります。ひまわりは鮮やかな黄色が魅力的で、太陽のように周囲を明るくしてくれるため、花贈りのシーンや性別を問わず気軽に贈れます。

注文締切について

正午までの注文で、最短翌日のお届け(一部地域/一部商品を除きます)

ひまわりの花束/アレンジメントアイテムラインナップ

13 件中 1-13 件表示 






13 件中 1-13 件表示 

ひまわりの花言葉の意味とは 花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花言葉の意味とは 花名の由来や黄色が持つ特別な効果を紹介

ひまわりの花名の由来や特徴とは

ひまわりの花名の由来や特徴とはひまわりの基本情報

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの基本情報

学名:Helianthus annuus(ヘリアンサス・アナス)
学名の意味:「太陽の花」
英名:Sunflower(サンフラワー)
和名:ひまわり(ヒマワリ/向日葵)
原産地:北アメリカ大陸など
科名/属名:キク科/ヒマワリ属
花色:黄色/ブラウン/オレンジなど
花言葉:「あなただけを見つめる/憧れ/情熱」など
開花時期:7月〜9月

ひまわりの花名の由来や特徴とはひまわりの花名の由来とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花名の由来とは

ひまわりの学名は「Helianthus annuus(ヘリアンサス・アナス)」です。意味は「太陽の花」で、ペルーでは「太陽神の象徴」として国花にも指定されています。ひまわりの原産地は、北アメリカ大陸の西部と考えられています。また、ひまわりの英名は「Sunflower(サンフラワー)」です。これは、ひまわりが太陽の動きに連動して、太陽の向きに花を咲かせる事が由来とされています。ひまわりと同じように、ハイビスカスやパキラ、ムクゲやウスベニアオイなどの葵(あおい)科の花も、太陽の方向へ咲く習性があります。

ひまわりの花名の由来や特徴とはひまわりの花色が持つ効果とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花色が持つ効果とは

ひまわりの持つ黄色は、ビタミンカラーとしても知られています。爽やかな印象のある黄色やオレンジ色は、太陽や夏をイメージさせるひまわりの花にぴったりなカラーです。ビタミンカラーには「元気で活発」という意味が込められています。ビタミンカラーの効果として「明るくポジティブな気分になる/気持ちが上がり元気になる」などがあります。ひまわりが持つビタミンカラーの黄色は、本物のビタミンの様に「明るく前向きなエネルギー」を与えてくれます

ひまわりの花名の由来や特徴とはひまわりの花の特徴とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花の特徴とは

ひまわりは遠目で見ると一つの大輪の花を咲かせるイメージが強いですが、実は複数の花が集まって一つの花を形成しています。これは「頭状花序(とうじょうかじょ)」と呼ばれ、花の軸が短縮して円盤状に広がり、その上に多数の柄のない花を付けたものです。ひまわりやタンポポなどのキク科植物で「花」と呼ばれる部分です。ひまわりの黄色い花びらに見える部分は、「舌状花(ぜつじょうか)」という一枚ずつそれぞれの花で構成されています。ひまわりの真ん中の黒い部分も、良く見ると一つずつが「管状花(かんじょうか)」という筒状の花になっていて、おしべとめしべの両方を持っています。ひまわりは品種によって20〜30cmを超える大輪の花を咲かせます。高さは30〜400cm程度まで成長する背の高い花でもあります。

目次に戻る

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろうひまわりの花言葉とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花言葉とは

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉は「あなただけを見つめる/憧れ/情熱」です。ひまわりの見た目にぴったりな、明るく前向きな花言葉を持っています。ひまわりが持つ「あなただけを見つめる」という花言葉から、恋人へのプロポーズの花束としても贈られます。夫婦の結婚記念日やパートナーへの誕生日にも贈られる事が多い花です。また、ひまわりは「7月の誕生花」のため、特に7月に生まれた方への誕生日の花ギフトに人気です。

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろうひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう

ひまわりは夏に生まれた方への誕生日や夫婦の結婚記念日、プロポーズの花束など、様々なお祝いのシーンに人気の花です。ひまわりが持つ「あなただけを見つめる」という花言葉から、プロポーズの花束としても選ばれています。他にもビタミンカラーの色鮮やかな黄色から、退院祝いや快気祝い、お見舞いの花贈りなどにも高い人気があります。また、ひまわりが持つ周囲を明るくする魅力から、開店祝いや開業祝いとしても選ばれています。ひまわりは鮮やかな黄色が魅力的で、太陽のように周囲を明るくしてくれるイメージがありますよね。そのため、花贈りのシーンや性別を問わず気軽に贈れるため、多くの方に選ばれています。

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう【ひまわりの花言葉】「あなただけを見つめる」

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの花言葉】「あなただけを見つめる」

ひまわりの花言葉「あなただけを見つめる」は、ひまわりが太陽の動きに連動して、太陽の向きに花を咲かせる事から生まれたとされています。「あなただけを見つめる」というひまわりの花言葉は、特に「恋人へのプロポーズの花束」として贈りたいですね。他には夫婦の特別な日である結婚記念日や、奥様や彼女などパートナーの誕生日プレゼントにも贈られています。

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう【ひまわりの花言葉】「憧れ」

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの花言葉】「憧れ」

ひまわりの花言葉「憧れ」は、ひまわりの学名「Helianthus annuus(ヘリアンサス・アナス)」の意味である「太陽の花」から、「太陽に憧れを持っている花である」という点から生まれたとされています。ひまわりの花姿が太陽に憧れを持って真似ているように見える様子から付けられたんですね。職場の上司/先輩への退職祝いや、両親への結婚記念日や誕生日プレゼントなどにオススメです。貴方が「憧れ」を持つ目上の方へ、花言葉に想いを込めて贈りませんか。

ひまわりの花言葉に想いを込めて贈ろう【ひまわりの花言葉】「情熱」

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの花言葉】「情熱」

ひまわりの花言葉「情熱」は、ひまわりの花が夏の季節の厳しい暑さに負けず、炎天下でも元気に咲く様子から生まれたとされています。「情熱」を持って物事に一生懸命に取り組んでいるキラキラと輝く方へ、想いを込めて贈りたい花言葉です。黄色いひまわりの花は、夏の太陽の日差しを浴びて元気に咲き誇っています。「新しい環境でも情熱を持って頑張って」という想いを込めて、職場の上司/先輩への転職祝いや昇進祝いにもぴったりです。

目次に戻る

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは

ひまわりは初夏から秋頃にかけて黄色を代表する花です。ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめる/憧れ/情熱」ですが、父の日にぴったりな「敬慕/愛慕」という花言葉も持っています。花言葉からも分かるように「お父さんを慕う」という意味があります。ひまわりの花は父の日花ギフトとしてもオススメです。太陽に向かって力強く伸び、明るく元気な印象を与える太陽のようなひまわりに、お父さんの笑顔や存在感を重ねる方も多いようです。また、ひまわりはバラやユリ(百合)の花よりも親しみやすいイメージがありますよね。お父さんへの花贈りに少し抵抗がある方でも、ひまわりの花であれば気軽に贈れるでしょう

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とはひまわりが持つ黄色は父の日のイメージカラー

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/ひまわりが持つ黄色は父の日のイメージカラー

日本では父の日に「黄色い花を贈る」というイメージが浸透していますよね。日本で父の日に黄色い花が贈られるようになった理由は、「FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会」が開催している「父の日イエローリボンキャンペーン/ベスト・ファーザー イエローリボン賞」が大きく影響しています。

イエローリボンキャンペーンでは、家族の愛情や尊敬を表す黄色を「父の日のイメージカラー」として掲げています。ここから父の日にバラを贈る風習と黄色がセットになり、父の日には黄色いバラの花が贈られるようになりました。また、黄色そのものが男性に受け入れられやすい色でもあります。そのため、父の日に贈る黄色いバラやひまわりは、母の日に贈るカーネーションに並ぶ定番の花として定着しています。

「男性への花贈りはハードルが高い」というイメージを持っている方も多いかと思います。しかし、性別/年代を問わず花のプレゼントは特別感があり嬉しいものです。「ありがとう/元気でね」など、日頃の感謝を込めたひまわりの花ギフトは、父の日の花贈りに最適です。

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは父の日にひまわりの花を贈る場合の予算とは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/父の日にひまわりの花を贈る場合の予算とは

父の日に花を贈る際の予算の相場は、5,000円〜10,000円程度です。予算の相場はあくまで目安です。お父さんの年代が上がると予算の相場も上がる傾向です。負担になり過ぎない範囲の予算で選びましょう。実父と義父の両方に贈る場合、予算は平等が望ましいでしょう。

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とは父の日に贈るひまわりの花に添えるメッセージとは

ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/父の日に贈るひまわりの花に添えるメッセージとは

日頃からお父さんとコミュニケーションが取れていない方も多いのではないでしょうか。別に嫌いなわけではないし、避けているわけでもない。もちろん感謝していないわけでもないですが…。言葉で感謝を伝えるのは、タイミングが難しかったり恥ずかしかったりしますよね。「いつもありがとう」の気持ちを言葉で伝えるのは恥ずかしい方も多いと思いますが、メッセージカードに想いを込めて伝えれば、お父さんにきっと喜んでいただけるでしょう。以下、父の日の花ギフトに添えて贈りたいメッセージの例文をご紹介します。

@ 仕事を頑張るお父さんへのメッセージ例文

  • お父さん、いつも家族のためにお仕事頑張ってくれてありがとう。これからも元気で長生きしてね。
  • 普段は恥ずかしくて言えないけど、お父さんを尊敬しています。日頃の感謝の気持ちを込めて、父の日に花のプレゼントを贈ります。

A 義理のお父さんに贈るメッセージ例文

  • お義父さん、いつも私たち家族を気に掛けてくださり、ありがとうございます。これからも健康に気を付けて、いつまでも若々しくいてくださいね。

B 離れて住むお父さんへのメッセージ例文

  • お父さん、いつもありがとう! また一緒に出掛けようね! 会えるのを楽しみにしています。

C 家族一同からお父さんへのメッセージ例文

  • HAPPY FATHER'S DAY! 家族が仲良く幸せなのはお父さんのおかげです。優しいお父さんをみんな大好きだよ。愛を込めて父の日に花を贈ります。

当店のメッセージカードは自由入力OKです!お客様がご注文時にご入力いただいた文面をそのままメッセージカードに印字してお作りします。
ご自身で考えたメッセージを付けて贈れば、あなたの気持ちや想いがより相手に伝わるのでオススメです。
メッセージカードや立て札は無料対応のため、是非メッセージカードを添えてプレゼントしましょう。

父の日にひまわりの花・花束ギフトが喜ばれる理由とはひまわりの花以外に父の日にオススメの花

ひまわりの花以外に父の日に贈りたいオススメの花は「父の日に贈る花ギフト 特集」をご覧下さい。

  • 父の日に贈る花ギフト
  • 目次に戻る

    【ひまわりの歴史】起源から日本での広がり

    【ひまわりの歴史】起源から日本での広がり【ひまわりの歴史】北アメリカ大陸での起源(食用として)

    ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの歴史】北アメリカ大陸での起源(食用として)

    ひまわりの原産地は、北アメリカ大陸の西部と考えられています。ひまわりの歴史は古く、紀元前1500年頃から、ネイティブ・アメリカン(インディアン)の間で、種から栽培可能な唯一の農作物(食料)として栽培されていました。ひまわりは高いエネルギーを得られるとても重要な農作物の一つだったと考えられています。その後、16世紀頃にスペインを始めとするヨーロッパ各地へ伝わりました。

    【ひまわりの歴史】起源から日本での広がり【ひまわりの歴史】ヨーロッパへの広がり(観賞用として)

    ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの歴史】ヨーロッパへの広がり(観賞用として)

    1492年に探検家のクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した後、その存在がヨーロッパに伝わりました。1500年代にこの地を訪れたスペイン人の医師、ニコラス・モナルデス氏がひまわりの種をヨーロッパに持ち帰りました。その後、スペインのマドリード王立植物園にてひまわりの栽培が始まりました。そこからひまわりはフランスやイギリス、ロシアへと広まりました。主にヨーロッパでは観賞用として栽培/改良が行われ、ロシアでは食用として栽培/改良が行われるようになりました。

    【ひまわりの歴史】起源から日本での広がり【ひまわりの歴史】日本での広がり(油の原料や飼料として)

    ひまわりの花言葉の意味とは/ひまわりの花束/ヒマワリ/向日葵/【ひまわりの歴史】日本での広がり(油の原料や飼料として)

    ひまわりはヨーロッパから中国に伝わり、1660年代後半に日本へと伝わりました。スペインのマドリード王立植物園にてひまわりの栽培が始まってから、約100年後に日本に伝わったようです。また、日本で「ひまわり」と呼ばれるようになってたのは、1700年頃とされています。日本では最初、観賞用として広まりましたが、明治時代になると油の原料や飼料として重用されるようになりました。

    目次に戻る

    ×出荷日の案内

    最短の出荷予定日
    (※一部商品を除く)
    地域別配送日数