一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 本店

  • 電話注文/問合せ
    029-350-5120
    受付/9:30〜19:00
  • 最短の出荷予定日※一部商品を除く
  • お客様からの評価★4.50(266件)全てのレビュー >>
【フラワーギフト専門店】正午までの注文であす着対象地域は「最短翌日着(※一部対象外)」
現在の運送状況について(外部サイトへ移動します) | 佐川急便 | 日本郵便 | ヤマト運輸
  • 母の日に贈る花
  • 父の日に贈る花

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 > お供えの花・お悔やみの花(法要・法事・命日・お盆・お彼岸) > 一周忌に花を贈る お悔やみ・お供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る際の基礎知識/お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る
お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー

「一周忌(いっしゅうき)」とは祥月命日(しょうつきめいにち)の一つです。亡くなられてから満一年目の命日に営まれる法要をいいます。お寺や斎場で執り行われる事が多く、遺族や親族、故人が生前親交のあった友人、知人などが参列します。一周忌では、お悔やみ/お供えの花を飾り、僧侶による読経や参列者の焼香、法事法要後の食事が行われます。これまでの周忌法要は、平日であっても祥月命日の当日に行われていました。しかし、現在では前後の土日に行う場合が多くなっています。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌に贈る花 人気アイテムランキング

  1. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/百合のお供え花アレンジメント

    【一周忌花】百合のお供え花アレンジメント M〜4L

    10,080〜24,580円(税込)

  2. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/蘭のお供え花アレンジメント

    【一周忌花】蘭のお供え花アレンジメント M〜4L

    12,380〜27,880円(税込)

  3. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/お供えプリザーブドフラワー/葵-Aoi-

    【一周忌花】プリザーブドフラワー 葵-Aoi-

    15,980円(税込)

  4. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花束/お供え花束/豪華大輪系 白いユリの花束

    【一周忌花】豪華大輪系 白いユリの花束 15輪〜100輪

    4,680〜25,880円(税込)

  5. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花束/お供え花束/白いカーネーション ブーケブラン

    【一周忌花】白いカーネーション ブーケブラン 10本/20本

    4,780/7,180円(税込)

  6. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/百合と蘭のお供え花アレンジメント

    【一周忌花】百合と蘭のお供え花アレンジメント

    30,180円(税込)

  7. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/お供えプリザーブドフラワー/天-Ten-

    【一周忌花】プリザーブドフラワー 天-Ten-

    7,380円(税込)

  8. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/お供えプリザーブドフラワー/メモリアルラウンド

    【一周忌花】プリザーブドフラワー メモリアルラウンド S(全4色)/M(全3色)

    5,480/7,780円(税込)

  9. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/デザイナーズお供え花アレンジメント

    【一周忌花】デザイナーズお供え花アレンジメント S〜5L

    6,680〜31,180円(税込)

  10. 一周忌に花を贈る/お悔やみ花/お供え花/お供えプリザーブドフラワー/彩香-Saika-

    【一周忌花】プリザーブドフラワー 彩香-Saika- 全3色

    10,180円(税込)

一周忌に花を贈る際の基礎知識 お悔やみ/お供え花の贈り方やマナーお供え花ラインナップ

21 件中 1-21 件表示 









21 件中 1-21 件表示 

一周忌に花を贈る際の基礎知識
お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る際の基礎知識/お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る際のお供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る際のお供え花の贈り方やマナー

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌に贈る花は何が良いですか

一周忌に贈る花は、故人が好きな花、好きな色合いや雰囲気の花が良いでしょう。一般的に一周忌に贈る花は、白一色でまとめた「白上がり」ですが、差し色として淡い色合いの花あれば問題ありません。また、一周忌に贈る花のオススメは、白い菊(マム)、ユリ(百合)、トルコキキョウなどの、花持ちの良い淡い色合いの花です。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌に贈るお供え花の色合いとは

一周忌に贈るお供え花の色合いは、白一色でまとめた「白上がり」が良いでしょう。一周忌は、回忌法要の中でも大切な法要となります。一周忌をはじめとしたお悔やみのシーンには、お供え花を贈ったり飾ったります。一般的に四十九日までは、白い菊や白いユリなどを中心に、白一色でまとめた「白上がり」のお供え花を飾ります。一周忌は四十九日以降のため、白上がりの色合い以外にも、淡い色合いの花を入れても問題ありません。故人の好みの色合いや、淡いピンク系やブルー系の色合いのお供え花が無難です。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌に花を贈る際の予算の相場とは

一周忌に花を贈る際の予算の相場は、贈る方と故人との関係性により異なります。また、個人で贈る場合と法人として贈る場合でも異なります。個人で贈る場合は「10,000円程度」の価格帯が一般的です。贈る花は、一周忌のお悔やみ/お供え花のアレンジメントが多く選ばれています。法人として贈る場合は「15,000円〜30,000円程度」の価格帯が一般的です。贈る花は、一周忌のお悔やみ/お供え花のアレンジメントはもちろん、白色の胡蝶蘭を選ばれる方もいらっしゃいます。一周忌に花を贈る場合、お悔やみ/お供え花のアレンジメントのサイズや価格を考える事は大切です。しかし、お供え花に故人を偲ぶメッセージを添えて贈る事で、より気持ちが癒されるでしょう。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌の花を贈るタイミングとは

一周忌の花は、一周忌法要の前日、もしくは法要当日の早めの時間までに届くように贈りましょう。一周忌法要の当日は参列者の対応などに追われるため、届くタイミングにも配慮を示しましょう。現在の一周忌は、祥月命日が平日の場合には、前後の土日などに日程が変更になる場合があります。また、親族の都合でそれ以外の別日に営まれる場合もあります。一周忌に花を贈る場合には、事前に法要の日程を確認する事が大切です。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌に贈る花に添えるメッセージ例文

  • 〇〇様の一周忌にあたり、心ばかりの花を贈らせていただきます。ご仏前にお供え下さいませ。
  • 月日が経つのは早いもので、一年が経ちましたね。ご生前の面影を偲び、改めてご冥福をお祈りいたします。
  • 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、改めてご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
  • 早いもので、あれからまた一年が経ちました。改めて〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
  • 月日が経つのは早いものですね。きっと今も皆様を暖かく見守っていると思います。心ばかりですが花を贈りますので、お供えいただければ幸いです。
  • 遠方のためご法事に伺うことができませんが、改めて故人のご冥福とご家族皆様のご健康をお祈り申し上げます。
目次に戻る

一周忌とは?法要の準備や対応、一周忌以降の回忌法要について

一周忌とは?法要の準備や対応、一周忌以降の回忌法要について

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌とは

「一周忌(いっしゅうき)」とは祥月命日(しょうつきめいにち)の一つです。亡くなられてから満一年目の命日に営まれる法要をいいます。お寺や斎場で執り行われる事が多く、遺族や親族、故人が生前親交のあった友人、知人などが参列します。一周忌では、お悔やみ/お供えの花を飾り、僧侶による読経や参列者の焼香、法事法要後の食事が行われます。これまでの周忌法要は、平日であっても祥月命日の当日に行われていました。しかし、現在では前後の土日に行う場合が多くなっています。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌法要を営む際の準備や対応とは

一周忌の日程や場所が決定したら、一ヶ月前には参列者へ案内状を送ります。返事が届き参加者が確定したら、会食や引き出物を準備しましょう。引き出物の表書きは「粗供養」もしくは「志」とし、その下には施主の家名を記載します。引き出物は一所帯に一つとなります。菩提寺へのお礼の表書きは「御布施」とします。法事の際の服装ですが、施主側は略礼服を着用して数珠を持参します。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー祥月命日(しょうつきめいにち)とは

祥月命日とは一周忌以降、一年に一度訪れる故人様が亡くなった没年月日と同じ月日の事です。祥月命日は別名「忌日(きにち/きじつ)」「正忌日(しょうきじつ)」とも呼ばれます。祥月命日の中でも、定められた年に行われる法要を「回忌法要」といいます。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌以降の回忌法要について

祥月命日に営む法要のうち、定められた年に行われる法要を「回忌法要」といいます。一周忌の次の命日は「二周忌」ではなく「三回忌」です。三回忌以降は、亡くなった年を一として数えます。命日から数えて満六年目に営まれる法要が七回忌です。それ以降、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌が行われます。五十回忌や百回忌が行われる場合もあります。地域によっては、二十三回忌と二十七回忌を合わせて二十五回忌法要が行われます。節目ごとに行われる周忌法要ですが、一般的には三十三回忌もしくは五十回忌が最終の回忌法要にする場合が一般的です。これを「弔い上げ(とむらいあげ)」と言います。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー一周忌以降の法要の規模とは

一周忌以降は、法要の規模は縮小していくのが一般的です。友人や知人も参列した一周忌とは異なり、親族のみで営まれます。都合が合わずに法要に参列出来ない場合や、生前親交のあった友人や知人の法要の連絡があった場合には、お悔やみ/お供えの花を贈るのが良いでしょう。法要の日程の連絡を受けたらなるべく早めに手配するのがオススメです。法要に贈るお悔やみ/お供えの花は、前日の夕方もしくは法要当日の早めの時間に届くようにしましょう。

一周忌に花を贈る お悔やみ/お供え花の贈り方やマナー「周忌法要」と「回忌法要」の違いとは

周忌法要とは「一周忌のみ」に使われる言葉です。亡くなられて一年後に営む法要を一周忌といいます。「周忌法要」とは、「亡くなられてから一周した」という意味のため一周忌と数えます。「回忌法要」では、亡くなられた際に執り行われる葬儀を一回目の忌日として数えます。亡くなられてから二年後に営む法要を「三回忌」、それ以降は七回忌、一三回忌と「回忌」として数えます。一般的に、一周忌と三回忌法要は、四十九日法要に次いで大切な法要とされています。

葬儀
回忌法要として数えた場合「一回忌」
一年後の法要
回忌法要として数えた場合「二回忌」 | 周忌法要として数えた場合「一周忌」
二年後の法要
回忌法要として数えた場合「三回忌」 | 周忌法要として数えた場合「二周忌」
目次に戻る

×出荷日の案内

最短の出荷予定日
(※一部商品を除く)
地域別配送日数