秋のお彼岸 2019/お花の宅配花ギフト通販 - エーデルワイス【花の贈り物】

【花ギフト専門店】最短翌日着で全国発送(一部地域除く) | 土日祝営業(年始除く)

エーデルワイス【花の贈り物】 新本店

ショップレビュー(全て見る >>)

★4.7
レビュー総数:180件

FAXでのご注文(用紙はこちら >>)

029-350-5360
受付時間/24時間365日 ご記入後、上記番号へ送信下さい

お電話でのご注文・お問い合わせ

029-350-5120
受付時間/午前9時30分〜午後7時 土日祝営業(※年始除く)
お正月飾り2020
キャッシュレスロゴ
キャッシュレス決済で5%還元

重要なお知らせ

  • 冬季寒冷地へのお届けについて
    冬季期間における重要なご案内です。 寒冷地への配送についてご確認下さい。

人気の特集

  • デザイナーズお正月飾り2020
    デザイナーズお正月飾り2020
  • 青いバラ ブルーローズの花束
    花言葉は「奇跡・神の祝福」 青いバラの花束
  • 冬の花贈り2019
    冬の花贈り2019
  • クリスマスフラワーギフト2019
    クリスマスフラワーギフト2019
  • クリスマスフラワーギフト2019
    花のお歳暮ギフト2019
  • お悔やみ・お供え花
    お急ぎのお供え花でもお任せください お昼12時までのご注文で翌日配達 ※対応地域に限ります
  • 観葉植物
    インテリアグリーン 観葉植物
  • お昼12時までのご注文であす着対応
    お昼12時までのご注文で翌日配達 ※対応地域に限ります
  • お祝い花
    誕生日や記念日の花ギフトに人気の商品を取り揃えました どんなシチュエーションでも素敵に演出してくれます

贈る用途で選ぶ

ショッピングガイド

当店からのお知らせ

  • 画像配信サービス不可
  • LINEでお問い合わせが出来ます
  • FAX注文用紙はこちら
  • 会員登録でもれなく300ポイントプレゼント
    会員登録で300ポイント進呈! 登録はこちらから

花ギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 > ご用途で選ぶフラワーギフト > お供えのお花(法要・法事・命日・お盆・お彼岸) > 秋のお彼岸 2019

秋のお彼岸

秋のお彼岸には故人を偲び、花を手向けましょう

2019年の秋のお彼岸は、9月23日の「秋分の日」を中日とした9月20日(金)〜26日(木)の7日間です。
お彼岸は、心静かに御先祖様や亡くなった人の供養をする期間です。花を手向けて供養をしましょう。

22 件中 1-22 件表示 









22 件中 1-22 件表示 

お彼岸に花を贈る際の注意とマナー

お彼岸は、心静かに御先祖様や亡くなった人の供養をする期間です。
3月の「春分の日」、9月の「秋分の日」を中心とした前後3日の計7日間、もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。
それぞれの初日を「彼岸入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい、春分の日・秋分の日を「中日」といいます。

2019年の秋のお彼岸は、9月23日(月)の秋分の日を中日として、9月20日(金)から9月26日(木)の7日間です。

ここでは、お彼岸に花を供える際の注意点、お彼岸に供える花の相場など、お彼岸についての基礎知識とマナーについて紹介します。

  1. 目次
  2. お彼岸にお墓参りをする理由
  3. お彼岸の花を供えるタイミング
  4. お彼岸の花の相場
  5. お彼岸にタブーな花
  6. お彼岸に花を贈る場合

お彼岸にお墓参りをする理由

  • 春分と秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。
    仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といいます。その反対側の、私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。
    彼岸は西に、此岸は東にあるとされています。太陽が真東から昇って真西に沈む春分と秋分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

  • お彼岸の頃「入り花を折らぬ」といわれることがあります。

お彼岸の花を供えるタイミング

身内のお墓にはお彼岸になる前に花を供えよう

彼岸入りについて、「入り花を折らぬ」という言葉があります。これは彼岸の入り(お彼岸の初日)には花をお墓に立ててはいけないという意味です。
「お彼岸に入ってからではなく、前日までにはお墓を整えておきましょう」という心がけを指します。

故人の好きだった花や季節の花を選びましょう

  • お彼岸に限らず、仏様にお供えする花といえば菊を想像する方も多いと思います。これは、菊の花には邪気を払う力があるとされたことが由来です。 供える花は、必ず菊でなければならないというわけではありません。
    また、供える花の色に決まりはありませんが、明るく鮮やかな色が好まれるようです。 白・赤・黄色・紫などがよく使われています。 故人が亡くなってから日が浅い場合には、白や淡い色の花を供えるのが一般的です。

  • お彼岸の花は故人の好きだった花や季節の花を選びましょう

お彼岸の花の相場

  • 仏壇に供える場合のお彼岸用の花の相場は、3,000円から5,000円位です。
    お供えの花は、届いたらすぐに飾れるフラワーアレンジメントがおすすめです。花カゴに水を含ませたスポンジをセットし、切花をアレンジしています。花瓶を用意してもらう必要がなく、水やりなどの手入れも簡単です。

  • 仏花の相場は?

お彼岸にタブーな花

トゲのあるもの、匂いが強いものは避けましょう

お彼岸には、季節の花や故人が好きだった花を供えます。
ですが、トゲのある花や匂いが強すぎる花はあまり仏様にお供えしないものとされています。
しかし、故人がバラの花などが好きだった場合には、お供えをしても悪いということはありません。 その際は淡い色の品種を選ぶ、お墓ではなく仏壇に供えるなどの心遣いをしましょう。

避けられている花
トゲがある花:バラ、アザミなど
攻撃的に思えるため、失礼にあたるとされます。
ツルがある花:スイートピー、クレマチスなど
からみつくツルが「成仏できない」様子をイメージさせます。
毒がある花:彼岸花、スイセン、スズランなど
危険でもあり、お供えする相手にも失礼にあたるとされます。

お彼岸に花を贈る場合

  • 自宅の仏壇やお墓へのお供えだけではなく、親戚やお世話になった方などに花を贈ったり、花をもって訪問したい場合もあるでしょう。
    弊社では、お彼岸用であることをお伝えいただければ、ご予算に応じた花束やフラワーアレンジメントをご用意いたします。
    直接お渡しすることが出来ない場合は、メッセージカードに想いを添えることも可能です。
    配達で届ける場合は、彼岸入りの前日までに届けるか、遅くともお彼岸の中日である春分の日(秋分の日)までには贈るのがよいでしょう。

  • お彼岸にはお墓に花を供えてゆっくり手を合わせましょう