秋のお彼岸花 2021年の秋のお彼岸はいつ?お彼岸のマナーやお墓参りについて/お花の宅配花ギフト通販 - エーデルワイス【花の贈り物】

TEL:029-350-5120
受付/9:30〜19:00(年始休業除き土日祝も営業)

【花ギフト専門店】最短翌日着で全国発送(一部地域除く)/土日祝営業でお急ぎでも対応(年始除く)

只今のご注文で最短「」に出荷します/レビュー:199件★★★★☆4.5レビューを見る >>

  • 秋の花贈り ハロウィン Halloween
  • ひまわり
  • プリンセチア
  • シクラメン
  • お正月飾り
  • お祝い
  • お供え
  • ビジネス向け
  • お見舞い
  • お祝い用プリザーブドフラワー
  • お供え用プリザーブドフラワー
  • ペット用お供え
  • 胡蝶蘭
  • 観葉植物
  • 赤いバラ
  • 青いバラ ブルーローズ
  • 白ユリ
  • ピンクユリ

花ギフト専門店 エーデルワイス【花の贈り物】 > 秋のお彼岸花 2021年の秋のお彼岸はいつ?お彼岸のマナーやお墓参りについて

秋のお彼岸花

秋のお彼岸花 特集

春のお彼岸は春分の日(3月20日頃)を中日(ちゅうにち)として、秋のお彼岸は秋分の日(9月23日頃)を中日(ちゅうにち)として、それぞれ前後3日間を合わせた合計7日間です。春分の日、秋分の日は、太陽の動きに影響を受けるため、毎年日付が変動する「移動祝日」です。お彼岸は太陽が真東に上り真西に沈むことから、あの世(彼岸)とこの世(此岸)が最も近づく日と考えられ、ご先祖様の供養が行われるようになりました。お彼岸にはお墓参りをされる方も多いと思いますが、お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です。3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸にはお彼岸花を供えてご先祖様を供養しましょう。

秋のお彼岸花 ITEM RANKING

秋のお彼岸花
  1. 蘭のお供えアレンジメント

    蘭のお供えアレンジメント M〜4L 7種の色合い×3種の花材からセレクト

    8,380円(税込)〜

  2. 白百合の花束

    白百合の花束 15輪〜100輪

    4,014円(税込)〜

  3. 百合のお供えアレンジメント

    百合のお供えアレンジメント M〜4L 7種の色合い×3種の花材からセレクト

    7,880円(税込)〜

  4. メモリアルラウンド M

    プリザーブドフラワー メモリアルラウンド M 全3色 クリアケース入り

    6,908円(税込)

  5. お供え用プリザーブドフラワー ジュジュ-Juju- 全3色 ガラスボトル入り

    プリザーブドフラワー ジュジュ-Juju- 全3色 ガラスボトル入り

    5,984円(税込)

お彼岸とは?/2021年(令和3年)の春のお彼岸・秋のお彼岸はいつ?

2021年の春・秋のお彼岸はいつ?

お彼岸は年に2回、春分の日(3月20日頃)と秋分の日(9月23日頃)を中日(ちゅうにち)として、その前後3日間を合わせた合計7日間をいいます。2021年(令和3年)の春のお彼岸は3月17日(水)〜3月23日(月)、秋のお彼岸は9月20日(月)〜9月26日(日)の期間となります。お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です。「お彼岸」という言葉に馴染みがないという方でも、春のお彼岸として3月に、秋のお彼岸として9月にお墓参りをするということはご存知かも知れません。お彼岸は自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事となります。

彼岸入り
彼岸の中日(ちゅうにち)
彼岸明け
3月17日(水)
3月20日(土・祝)
3月23日(火)
9月20日(月・祝)
9月23日(木・祝)
9月26日(日)

【3月に春のお彼岸花を贈る場合】
春のお彼岸の入り前日の3月16日(火)までに届くように手配をしましょう。3月14日(日) お昼12時までにご注文をいただければお届けが可能です。
※天候状況や道路の混雑状況等によりましては、お届けに遅延が発生する場合がありますので、余裕をもった準備をオススメします。

【9月に秋のお彼岸花を贈る場合】
秋のお彼岸の入り前日の9月19日(日)までに届くように手配をしましょう。9月17日(金) お昼12時までにご注文をいただければお届けが可能です。
※天候状況や道路の混雑状況等によりましては、お届けに遅延が発生する場合がありますので、余裕をもった準備をオススメします。

春分の日とは

春分の日とは

お彼岸の中日(ちゅうにち)となる春分の日は日本の祝日の一つで、2021年(令和3年)は3月20日(土)となります。春分の日とは「自然を称え、生物を慈しむ」ための日として、昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」に定義されています。春分の日は必ずしも毎年同じ日になるわけではありません。太陽の動きに影響を受けるのため、毎年日付が変動する「移動祝日」になります。

秋分の日とは

秋分の日とは

春分の日と同様に、お彼岸の中日(ちゅうにち)となる秋分の日は日本の祝日の一つで、2021年(令和3年)は9月23日(火)となります。秋分の日とは「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」ための日として、昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」に定義されています。春分の日と同様に、秋分の日も必ずしも毎年同じ日になるわけではありません。太陽の動きに影響を受けるのため、毎年日付が変動する「移動祝日」になります。

秋のお彼岸花 お供え用アレンジメント

蘭のお供えアレンジメント イメージ
  • 蘭のお供えアレンジメント
  • イチオシのお彼岸用アレンジメント

    蘭のお供えアレンジメント M〜4L

    8,380円(税込)〜

    格式高く清楚で高級な蘭をメインに使用したお彼岸用のお供えアレンジメントです。ご希望に近い7種類の色合いと、蘭以外で主に用いる花材を3種類からセレクトすることが出来ます。サイズはMサイズから4Lサイズまでをご用意していますので、飾る場所の広さなどに合わせてお選び下さい。

  • お供えアレンジメント

    お供えアレンジメント S〜5L 7種の色合い×3種の花材からセレクト

    5,780円(税込)〜

  • 百合のお供えアレンジメント

    百合のお供えアレンジメント M〜4L 7種の色合い×3種の花材からセレクト

    7,880円(税込)〜

  • 百合と蘭のお供えアレンジメント

    百合と蘭のお供えアレンジメント

    20,980円(税込)

  • 胡蝶蘭の洋風アレンジメント

    胡蝶蘭の洋風アレンジメント

    9,438円(税込)

  • ボックス入りお供えアレンジメント

    ボックス入りお供えアレンジメント

    4,980円(税込)

フラワーアレンジメントは、受け取ったらそのまま飾れるのがメリットです。仏前にお彼岸花をお供えする場合にはこちらを選びましょう。

秋のお彼岸花 お供え用花束・ブーケ

カサブランカの花束 イメージ
  • カサブランカの花束
  • お墓にも仏壇にも飾れます

    カサブランカの花束 15輪〜50輪

    6,028円(税込)〜

    清楚で凛とした姿が印象的な白いユリ カサブランカの花束です。開花すると女性の手のひらサイズで、ユリ本来の凛とした美しさが際立つ「大輪系」のみを使用しています。その存在感からとても豪華で見栄えの良い花束に仕上がっています。

  • お供え用 そのまま飾れるブーケ

    お供え用 そのまま飾れるブーケ

    4,578円(税込)

  • 白菊の切り花 20本セット

    白菊の切り花 20本セット

    6,050円(税込)

  • 白菊の切り花 30本セット

    白菊の切り花 30本セット

    8,250円(税込)

  • 白菊の切り花 50本セット

    白菊の切り花 50本セット

    13,750円(税込)

  • 白百合の花束

    白百合の花束 15輪〜100輪

    4,014円(税込)〜

  • ピンクユリの花束

    ピンクユリの花束 15輪〜100輪

    4,014円(税込)〜

  • ブーケ・ブラン-10-

    ブーケ・ブラン-10-

    4,480円(税込)

  • ブーケ・ブラン-20-

    ブーケ・ブラン-20-

    6,380円(税込)

お墓に供える場合には花束を選びましょう。また、花束は左右一対(2束)で用意するようにしましょう。花束は価格帯に幅もあるため、お墓と仏壇用でそれぞれ用意したりなど、ご希望に合わせて選びやすいです。花束は選ぶ花の種類やボリュームによってイメージが大きく変わりますので、適度なサイズのものを選ぶのがポイントです。

秋のお彼岸花 お供え用プリザーブドフラワー

葵-Aoi- イメージ
  • お供え用プリザーブドフラワー 葵-Aoi-
  • お手入れが簡単で仏壇に長く飾れます

    葵-Aoi-

    13,200円(税込)

    水やりなどのお手入れが不要で、枯れずに長く飾れるプリザーブドフラワーと造花を使用しています。ボリュームのある美しい輪菊や洋マム(菊)を使用して、悲しみが和らぐように明るくて優しい色合いに仕上げました。
    「左右一対」をご希望の場合には商品を2つご注文いただき、注文フォームの通信欄へ「対希望」など当店へお知らせ下さい。

  • お供え用プリザーブドフラワー 天音-Amane-

    天音-Amane-

    18,313円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー 久遠-Kuon-

    久遠-Kuon-

    26,462円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー こころ-Kokoro-

    こころ-Kokoro- クリアケース入り

    9,800円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー ことのは-Kotonoha- ピンク系・パープル系 クリアケース入り

    ことのは-Kotonoha- ピンク系・パープル系 クリアケース入り

    4,770円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー ジュジュ-Juju- 全3色 ガラスボトル入り

    ジュジュ-Juju- 全3色 ガラスボトル入り

    5,984円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー 天-Ten-

    天-Ten-

    6,091円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー 永遠-Towa-

    永遠-Towa-

    36,520円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー メモリアルラウンド S

    メモリアルラウンド S 全4色 クリアケース入り

    4,950円(税込)

  • お供え用プリザーブドフラワー メモリアルラウンド M

    メモリアルラウンド M 全3色 クリアケース入り

    6,908円(税込)

「プリザーブド」とは英語で「保存された」という意味です。もとは生花ですが、生花の状態で色素を取り除き、特殊な染料を吸わせる加工を施しています。生花のようなみずみずしさと色鮮やかさ、生花にはない豊富なカラーバリエーションがあります。生花と違い水やりの必要もなく、取り扱う環境によっては数年間その美しい姿を保ちます。

面倒な世話や手入れが必要ないので、高齢の方や日頃忙しくされている方などへ贈るのに特にオススメです。サイズも様々なものを取り扱っています。クリアケースに入ったものもありますので、ホコリも防ぐことが出来るので衛生的です。

お支払い方法について

お支払い方法は、「クレジットカード決済」「銀行振込(前払い)」「ゆうちょ振替(前払い)」「後払い」「Apple Pay」「Amazonペイメント」が利用可能です。
前払い(銀行振込・郵便振替)の場合、土日祝は金融機関が休みとなりますので、当店にてお客様からのお支払いの確認を行うことが出来ません。
※お支払いの確認がとれない場合、発送手配を行えませんのでご注意下さい。

お届けにかかる日数のご案内

地域別お届け日数
ご注文のタイミング
翌日のお届け
翌々日のお届け
昼12時までのご注文
〇(対応地域のみ)
昼12時以降のご注文
×

翌日お届けは対応地域のみとなります。お届けに2日かかる地域(北海道、中国・四国地方、九州地方等)は、最短でも発送後翌々日のお届けとなります。※沖縄県・その他一部の離島へは、配送日数の関係上、生花のお届けはお承り出来ません。
※交通事情等によってはご指定のお日にちにお届けが出来ない場合がございます。

28 件中 1-28 件表示 











28 件中 1-28 件表示 

秋のお彼岸花

秋のお彼岸花 特集

春のお彼岸は春分の日(3月20日頃)を中日(ちゅうにち)として、秋のお彼岸は秋分の日(9月23日頃)を中日(ちゅうにち)として、それぞれ前後3日間を合わせた合計7日間です。春分の日、秋分の日は、太陽の動きに影響を受けるため、毎年日付が変動する「移動祝日」です。お彼岸は太陽が真東に上り真西に沈むことから、あの世(彼岸)とこの世(此岸)が最も近づく日と考えられ、ご先祖様の供養が行われるようになりました。お彼岸にはお墓参りをされる方も多いと思いますが、お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です。3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸にはお彼岸花を供えてご先祖様を供養しましょう。

お彼岸とは?/2021年(令和3年)の春のお彼岸・秋のお彼岸はいつ?

2021年の春・秋のお彼岸はいつ?

お彼岸は年に2回、春分の日(3月20日頃)と秋分の日(9月23日頃)を中日(ちゅうにち)として、その前後3日間を合わせた合計7日間をいいます。2021年(令和3年)の春のお彼岸は3月17日(水)〜3月23日(月)、秋のお彼岸は9月20日(月)〜9月26日(日)の期間となります。お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です。「お彼岸」という言葉に馴染みがないという方でも、春のお彼岸として3月に、秋のお彼岸として9月にお墓参りをするということはご存知かも知れません。お彼岸は自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事となります。

彼岸入り
彼岸の中日(ちゅうにち)
彼岸明け
3月17日(水)
3月20日(土・祝)
3月23日(火)
9月20日(月・祝)
9月23日(木・祝)
9月26日(日)

【3月に春のお彼岸花を贈る場合】
春のお彼岸の入り前日の3月16日(火)までに届くように手配をしましょう。3月14日(日) お昼12時までにご注文をいただければお届けが可能です。
※天候状況や道路の混雑状況等によりましては、お届けに遅延が発生する場合がありますので、余裕をもった準備をオススメします。

【9月に秋のお彼岸花を贈る場合】
秋のお彼岸の入り前日の9月19日(日)までに届くように手配をしましょう。9月17日(金) お昼12時までにご注文をいただければお届けが可能です。
※天候状況や道路の混雑状況等によりましては、お届けに遅延が発生する場合がありますので、余裕をもった準備をオススメします。

春分の日とは

春分の日とは

お彼岸の中日(ちゅうにち)となる春分の日は日本の祝日の一つで、2021年(令和3年)は3月20日(土)となります。春分の日とは「自然を称え、生物を慈しむ」ための日として、昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」に定義されています。春分の日は必ずしも毎年同じ日になるわけではありません。太陽の動きに影響を受けるのため、毎年日付が変動する「移動祝日」になります。

秋分の日とは

秋分の日とは

春分の日と同様に、お彼岸の中日(ちゅうにち)となる秋分の日は日本の祝日の一つで、2021年(令和3年)は9月23日(火)となります。秋分の日とは「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」ための日として、昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」に定義されています。春分の日と同様に、秋分の日も必ずしも毎年同じ日になるわけではありません。太陽の動きに影響を受けるのため、毎年日付が変動する「移動祝日」になります。

お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です

お彼岸は四季に恵まれた日本特有の行事です

3月の春分の日、9月の秋分の日にお墓参りをする習慣があるのは世界中で日本のみです。日本には古来より太陽信仰や先祖崇拝という信仰がありました。太陽が真東から昇り真西に沈む日を特別な日と感じていたのでしょう。お彼岸の成り立ちには、彼岸の浄土信仰に加え太陽の動きや天文学も関係しています。古代の中国では、お彼岸に太陽が沈む真西の方角に極楽浄土があると信じられていました。太陽が東西へ一直線に動く春分の日・秋分の日に太陽が沈む方角こそが、浄土のある方角だと考えられていたのです。春分の日と秋分の日には、太陽が真東から昇り真西へと沈みますが、それによって此岸(この世)と彼岸(あの世)とが最も通じやすい日と考えられていました。これらの時期に先祖供養をすることで、ご先祖の冥福を祈るとともに自らもいつか迷いのない此岸に到達出来るよう願いました。このように、お彼岸は太陽の動きや天文学、至彼岸の浄土信仰が一体となり成立していきました。

此岸(この世)と彼岸(あの世)について

仏教では元来より煩悩に満ち溢れるこの現世の世界を「此岸(しがん)」といいます。「此岸」とは「こちら側の岸」という意味です。対して悟りの境地であるあの世の世界を「彼岸(ひがん)」といいます。「彼岸」は「あちら側の岸」という意味です。この世とあの世の双方の間には「三途の川(さんずのかわ)」が流れており、生と死の世界を隔てていると考えられています。また、川は仏教においてはとても象徴的な場所であり、生と死を隔てるだけではなく、煩悩と悟り、俗世と来世を隔てるものとも考えられています。

極楽浄土は西の方角にあると考えられています

お彼岸は西の方角にあると考えられている極楽浄土に向かって拝みますが、これは浄土宗による浄土思想が元になっています。極楽浄土とは、阿弥陀如来によって創造された天国のような世界です。この浄土信仰は仏教とともに中国より日本に伝わり、平安時代から広まり始めました。古来よりこの世を憂う人々は、西の方角に向かって彼岸と呼ばれる極楽浄土に想いを馳せてきたのです。

お彼岸が7日間の理由

「お彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳である到彼岸(とうひがん)」を略した言葉です。煩悩や迷いのある世界から悟りの開けた世界へ至ること、そこへ至るための修行を指します。悟りの境地である彼岸に辿り着くために、迷いや煩悩を断ち切って悟りの境地に至るための修行がお彼岸に行われてきました。悟りの世界へ至るための修行は「波羅蜜多(パーラミター)」と呼ばれます。波羅蜜多には「六波羅蜜」と「十波羅蜜」の2種類があります。

「六波羅蜜」とは、この世に居ながらにして悟りの境界に到達するために菩薩が行う6種の修行をいいます。7日間あるお彼岸のうち、中日である春分の日と秋分の日はご祖先様を偲びます。それ以外の6日間に、布施(ふせ)・持戒・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ)の「六波羅蜜」を1日に1つずつ修めるとされています。そのためにお彼岸は7日間あるのです。

「十波羅蜜」とは、上記の「六波羅蜜」に加え、これらの助けとなる方便・願・力・智の4つを加えたものです。

3月と9月のお彼岸、8月のお盆の違いとは?

3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸は、ご先祖様を偲びお墓参りなどを行いますが、同様の風習として8月のお盆があります。お盆にお彼岸もご先祖様を偲ぶことに変わりはありませんが、それぞれの風習には以下のような違いがあります。

お盆は仏教行事の一つで、7月13日から7月16日の4日間、もしくは1ヶ月遅れの8月13日から8月16日の4日間に、先祖の霊を供養するための行事です。お盆の期間中は、ご先祖様の霊が浄土(仏様が住んでいる場所)から私達が住む地上に帰って来られます。ご先祖様や故人の霊を1年に1度自宅にお迎えし、ご先祖様の霊も含め家族で一緒に過ごしたりすることでご冥福をお祈りし、供養することを目的にしています。お盆の時期やお供えする物などは地域や宗派により違いが見られますが、ご先祖様を偲ぶ想いやいつも見守ってくれていることに対する感謝の気持ちをお伝えする行事であることに変わりはありません。

8月のお盆はご先祖様の精霊を「お迎え」することが目的ですが、3月の春のお彼岸と9月の秋のお彼岸は、この世にいる私たちがあの世(ご先祖様のいる彼岸)に最も通じやすくなると考えられている期間にご先祖様を偲び、生前と変わらぬ感謝をお伝えして「供養」することを目的としています。

3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸に供える花

3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸に供える花

3月の春のお彼岸、9月の秋のお彼岸にお供えする花の種類は、故人が好きだったものやお供えに適した白色の花が贈られることが多いです。亡くなられてあまり日数が経過していない場合には、色合いは白色でまとめた花をお供えしましょう。亡くなられてから日が浅い場合には、白色の花を基調にしたフラワーアレンジメントや花束が適しています。このような白色の花を基調としたお供え花は、「白上がり」と呼ばれています。ここでは5つの項目別に、お彼岸花についてご紹介します。

1.仏花やお彼岸花としてよく使われる花は菊です

お彼岸花やお供えの花として多くの方がイメージする花はやはり菊ではないでしょうか。菊の花は古来より「邪気を払う」と伝えられてきました。平安時代から漢方としても優れた薬効をもつ薬草として重宝され、観賞用としても広く親しまれてきました。また天皇家の菊花紋としても使われており、崇高なイメージも持っています。このように日本人に長い間親しまれてきた菊の花が、仏花として多く使われるようになったとされています。

大輪の菊は立ち姿も高貴で美しく、仏前に彩りを添えてくれるため人気があります。日本各地に自生している菊は、日本の気候に合っているため花の期間が長く日持ちすることや、花びらが散りにくい点もお供え花に向いています。日本由来の和菊のみならず、西洋菊であるピンポンマムやスプレーマム、カーネーションやトルコキキョウなどもお彼岸花としてオススメです。

2.菊以外でお彼岸花に良く使われる花は?

菊以外の花では、お彼岸の時期に咲く花や季節の花などが多くお彼岸花として使われます。3月の春のお彼岸にはカーネーション、菊、キンセンカ、小菊、スイートピー、スターチス、トルコキキョウ、フリージア、ユリ、ランなどの花が「お彼岸花」と呼ばれることもあります。9月の秋のお彼岸にはカーネーション、キキョウ、小菊、ソリダコ、トルコキキョウ、仏菊、ユリ、ラン、リンドウなどの花が「お彼岸花」と呼ばれることもあります。

清楚で気品あるユリはお彼岸花やお盆花などの様々なお悔やみ・お供えのシーンにおいて定番です。ユリは様々な色や品種がありますが、中でも白色のユリは清楚で仏前にふさわしい花といえます。ユリもまた花が長持ちしやすく、蕾も比較的咲きやすいため長く飾ることが出来ます。ユリをお供えする際は、花を長持ちさせるためにも花粉を取り除きましょう。その他のお供え花としては、海外でお供えの花として歴史のあるカーネーションやトルコキキョウ、鬼灯(ほおずき)などがあります。

また、地域によって供花に使われる花がある程度決まっている場合があります。京都府や長崎県の蓮(ハス)、広島県尾道市のハギや千日紅(センニチコウ)などです。お盆には盆棚や仏前にほおずきを飾る地域や、蓮(ハス)の葉に少量の水を垂らしたものをお供えする地域もあります。このハスの葉に垂らした水のことを「閼伽(あか)」と呼びます。仏教では供養のために使う水が「閼伽」で穢れを祓う水とされています。

3.お彼岸花は飾る場所や贈り先のことを考えて決めましょう

お彼岸花を供えるスペースなどが限られている場合は、お供えする際に分量や丈を調節出来る花束がオススメです。仏前にお供えしていただく場合にはフラワーアレンジメントがオススメです。フラワーアレンジメントは花カゴにアレンジされていますので、受け取った後に花瓶を用意する手間がありません。また最近ではプリザーブドフラワーも人気があります。プリザーブドフラワーとは、もとは生花ですが、生花の状態で色素を取り除き、特殊な染料を吸わせる加工を施しています。生花のようなみずみずしさと色鮮やかさ、また生花にはない豊富なカラーバリエーションがあります。生花と違い水やりの必要もなく、取り扱い環境によっては数年はその美しい姿を保ちます。クリアケース入りのものは埃などの手入れも簡単なため人気があります。

4.お墓に供える場合には、「左右一対」の花束を用意しましょう

お墓に飾る場合には、「左右一対」の花束を用意するようにしましょう。お墓や仏壇の左右には一対の花立(花を供える花器)が備わっています。それぞれに同じ花を一束ずつ飾ることが正式なお供えのマナーです。お供え用の花は二束で一対になっていることが一般的です。一束の花の本数は3本・5本・7本などの奇数にするようにしましょう。

お墓に供える花の種類ですが、これは特に決まりはありません。ご先祖様を偲ぶ気持ちや故人への想いなどが込められていることが大切です。一般的には長い間お墓を彩ることが出来る長持ちする花が選ばれる傾向にあります。お墓に供える花で多くの方がイメージするのは「菊」かと思いますが、他にはアイリス・カーネーション・キンセンカ・グラジオラス・ケイトウ・スターチス・ユリ・リンドウなどがあります。バラのようにトゲがある花や匂いが強すぎる花は避けられる傾向にあります。バラを贈る場合には、事前にトゲを取り除くようにしましょう。また、有毒成分を含む彼岸花や水仙、スズラン、スイートピーなどのツル性の花も避けるようにしましょう。

5.お彼岸花を贈るタイミング

お彼岸花は、彼岸入りの前日にお届けすることが一般的です。2021年(令和3年)のお彼岸の場合、3月の春のお彼岸は3月16日(火)、9月の秋のお彼岸は9月19日(日)となります。遅くともお彼岸の中日には届くように準備しましょう。お彼岸期間中はお届け先の方がお墓参りなどで不在にすることもあります。事前に在宅日をお伺いしたり、お彼岸花の受け取りが出来るか等を確認しておくと受け取りがスムーズになります。早めに計画を立てておき、お彼岸の準備等で忙しくなる前に連絡をするなどの心遣いを示しましょう。

お彼岸期間中にはお墓参りをしましょう

お彼岸期間中にはお墓参りをしましょう

普段からお墓参りをしない方でも、1年の中で8月のお盆と3月、9月のお彼岸だけはお墓参りをするという方も多いのではないでしょうか。春分の日と秋分の日は「昼と夜の長さが等しくなる日」です。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、春のお彼岸は冬から春へと季節が暖かくなり、秋のお彼岸は夏の暑さが和らぎ季節が涼しくなる日です。そのため、お墓参りをするのに最適な季節でもあります。仏教ではこの日に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことが出来ると考えられているため、お彼岸は亡くなった人の供養をする日になりました。

お彼岸花やお供え物を用意しましょう

お彼岸には故人が好きだったものやお菓子などを用意してお供えしましょう。お供え物のお菓子は季節に合わせて用意すると良いでしょう。春のお彼岸のお供え物として一般的なのは「ぼたもち」、秋のお彼岸のお供え物として一般的なのは「おはぎ」です。「ぼたもち」と「おはぎ」は同じものですが、季節によって呼び名が変わります。春のお彼岸の時期は「ぼたもち」、秋のお彼岸の時期は「おはぎ」と呼ばれます。これは、春のお彼岸は牡丹の花が咲く季節のため「牡丹餅(ぼたもち)」、秋のお彼岸は萩の花が咲く季節のため「お萩」と呼び分けられています。

「ぼたもち」や「おはぎ」の材料である小豆の赤色は、悪いものを払うと信じられていました。ご先祖様に悪いものが付かないようにするために供えられるようになったともいわれています。ぼたもちやおはぎはお供えをした後は美味しくいただきましょう。神様にお供えするものを自分たちも食べて神仏の力を体内に取り込む、という意味が込められています。その他には、落雁(らくがん)など日持ちのするお菓子もよくお供え物に使われます。

お彼岸のお墓参りで準備するものや行うこと

お彼岸だからといってお墓参りで特別なことをする必要はありません。いつもと同じようにお参りをすればきっとご先祖様に喜んでいただけるでしょう。お墓参りに行く際には、お供えするお彼岸花、線香、ロウソク、お供え物、マッチ、数珠、ゴミ袋、ほうき、ちりとり、手桶とひしゃくなどを用意します。墓石の掃除道具はお寺や霊園で貸し出しているところもあります。

お墓に着いたらまずはご先祖様への感謝の気持ちを伝えるために、墓石をきれいに丁寧に掃除しましょう。墓石の掃除だけではなくお墓の周囲の草むしりなども行いましょう。お墓の手入れを丁寧に行うことで、故人やご先祖様を改めて感じる大切な時間になるります。そして、お彼岸花やお供え物を供えて線香を焚き、1人ずつ心を込めて手を合わせましょう。

お墓参りに行くタイミング

お墓参りは7日間のお彼岸期間のうち、中日である「春分の日」や「秋分の日」にするのがベストとされています。しかし、お墓参りに行くタイミングについての決まりはありません。お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は祝日なので、お墓参りをされる方が多いようですが、彼岸期間中であればいつ行っても問題はありません。また、お墓参りに行く時間帯ですが、一般的には午前中が多いようです。時間帯についても決まりはないため、ご自身やご家族様のご都合の良い日を選んでお参りをすると良いでしょう。

お彼岸期間中にお墓参りが出来ないときは?

お彼岸期間中にお墓参りが出来ないときは?

お盆の時期は大型連休中であったり比較的休みが取りやすかったりしますが、お彼岸の時期はお盆に比べて休みの都合が付きにくい場合も多く、お墓参りに行けない方も多いかと思います。そのような場合は、ご先祖様への感謝の気持ちを伝えるために、仏壇や仏具をきれいに掃除しましょう。仏具は埃を払った後に柔らかい布などで傷を付けないように優しく拭いて元の位置に戻します。その後、お彼岸花やお供え物を供えて家族で心を込めて手を合わせましょう。お墓がある方角やあの世(彼岸)があるとされる西の方角に向かって手を合わせても構いません。お彼岸には供養の気持ちを込めてご先祖様を偲ぶことが大切です。

春のお彼岸花、秋のお彼岸花には、立札やメッセージカードを付けましょう

春のお彼岸花、秋のお彼岸花には、立札やメッセージカードを付けましょう

春のお彼岸花、秋のお彼岸花を贈る場合には、誰から贈られたものかが分かるように、立札やメッセージカードを付けて贈るのが一般的です。表書きは「御供」または「御仏前」が良いでしょう。表書きの下へご自身のお名前を書くのが一般的です。

当店では無料で立札やメッセージカードについてお承りいたします。ご注文時にご入力いただいたメッセージ文面をそのままカードに印字させていただきます。
※メッセージ文面のレイアウトにつきましては、カードにバランスよく印字するため多少変更させていただく場合がございます。