ペットのお供え花 供花の選び方、シーン別の贈り方やマナー、予算など

花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 本店

  • 電話注文/問合せ
    029-350-5120
    受付/9:30〜19:00
  • 最短の出荷予定日※一部商品を除く
  • お客様からの評価★4.50(266件)全てのレビュー >>

$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様
ご利用いただきありがとうございます

【フラワーギフト専門店】15時までの注文で「あす着対象地域は最短翌日着(※一部対象外)」 年始休業を除き土日祝も営業
現在の運送状況について(外部サイトへ移動します) | 佐川急便 | 日本郵便 | ヤマト運輸
  • 母の日に贈る花
  • 母の日に贈る花 カーネーション

花ギフト専門店 花工房 エーデルワイス【花の贈り物】 > ペットのお供え花 供花の選び方、シーン別の贈り方やマナー、予算など

ペットのお供え花

ペットのお供え花
供花の選び方、シーン別の贈り方やマナー、予算など

ペットはかけがえのない家族です。「ペットロス」という言葉があるように、自分の子供のように育てたペットが亡くなった時の悲しみは計り知れません。ペットのお供え花には、天国へ旅立った亡きペットを偲び、残された飼い主の方の悲しみを癒す、優しく柔らかな雰囲気のフラワーギフトを贈りましょう。ここでは、ペットのお供えに贈りたい花の選び方、友人/知人などのシーン別の贈り方や気を付けたいマナー、予算などを紹介します。

注文締切について

15時までの注文で、最短翌日のお届けが可能です(一部地域・商品を除きます)

【ペットのお供えコンテンツ】
供花の選び方、シーン別の贈り方やマナー、予算etc.

天国に旅立ったペットのお悔やみ/お供え花ペットのお供え花をスタイルから選ぶ

天国に旅立ったペットのお悔やみ/お供え花ペットのお供え花を価格から選ぶ

ペットのお供え花の予算に明確な決まりはありません。飼い主様との関係性によって予算は異なります。一般的には3,000円〜5,000円程度の価格帯の花が選ばれています。飼い主様との関係性が深い場合、付き合いが長い場合などは、5,000円以上のペットのお供え花を贈る方もいらっしゃいます。しかし、最も大切な事は、天国へ旅立ったペットを偲び、残された飼い主様に寄り添う気持ちです。

天国に旅立ったペットのお悔やみ/お供え花ペットのお供え花 人気アイテムランキング

  1. ペットのお供え花/虹のはし

    【ペットのお供え花】虹のはし M/L

    6,080/11,280円(税込)

  2. ペットのお供え花/メモリアル

    【ペットのお供え花】メモリアル M(全3種)/L(全2種)

    5,380/7,080円(税込)

  3. ペットのお供え花/アンジュ

    【ペットのお供え花】アンジュ

    5,680円(税込)

  4. ペットのお供え花/おまかせアレンジメント

    【ペットのお供え花】おまかせアレンジメント

    6,080円(税込)

  5. ペットのお供え花/メモリアルフォトフレーム

    【ペットのお供え花】プリザーブドフラワー メモリアルフォトフレーム

    8,580円(税込)

  6. ペットのお供え花束/白いカーネーション ブーケブラン

    【ペットのお供え花】白いカーネーション ブーケブラン 10本/20本

    4,780/7,180円(税込)

  7. ペットのお供え花/お供えプリザーブドフラワー/メモリアルラウンド

    【ペットのお供え花】プリザーブドフラワー メモリアルラウンド S(全4色)/M(全3色)

    5,480/7,780円(税込)

  8. ペットのお供え花/お供えプリザーブドフラワー/ジュジュ-Juju-

    【ペットのお供え花】プリザーブドフラワー ジュジュ-Juju- 全3色

    6,880円(税込)

  9. ペットのお供え花束/豪華大輪系 白いユリの花束

    【ペットのお供え花】豪華大輪系 白いユリの花束 15輪〜100輪

    4,680〜25,880円(税込)

  10. ペットのお供え花/お供えプリザーブドフラワー/やすらぎ

    【ペットのお供え花】プリザーブドフラワー やすらぎ 全4色

    8,580円(税込)

仏前へのペットのお供え花として贈るスタイルペットのお供え花アレンジメント

ペットのお供え花を仏前や精霊棚にお供えする場合には、ペットのお供えフラワーアレンジメントを贈りましょう。フラワーアレンジメントは花カゴに吸水性のスポンジをセットし、そこへ花を挿したスタイルです。受け取った後に花瓶不要でそのまま飾っていただけます。

  • ペットのお供え花/虹のはし
  • 天国に旅立ったペットを偲んで

    ペットのお供え花 虹のはし M/L

    6,080/11,280円(税込)

    亡くなったペットを偲び、飼い主様の悲しみを癒す、優しく柔らかな雰囲気のペットのお供え花アレンジメントです。Mサイズはイエロー/オレンジ系の明るい色合いで作成します。Lサイズでは胡蝶蘭を入れて上品で豪華なイメージに作成します。【サイズ】高さ30cm〜45cm前後

墓前へのペットのお供え花として贈るスタイルペットのお供え花束/ブーケ

ペットのお供え花束を仏前にお供えする場合には「左右一対」で用意しましょう。お供え用の花は二束で一対が一般的です。墓前や仏壇の左右には一対の花立(花を供える花器)が備わっています。それぞれに同じ花を一束ずつお供えするのが正式なマナーです。一束の花の本数は、3本/5本/7本などの割り切れない奇数(亡きペットとの縁が切れないという意味合い)にしましょう。

  • ペットのお供え花束/白いカーネーション ブーケブラン
  • 白とグリーンの白上がりのお供え花束

    白いカーネーション ブーケブラン 10本/20本

    4,780/7,180円(税込)

    白色のカーネーションとグリーンをまとめた白上がりのペットのお供え花束です。白色のカーネーションは「私の愛情は生きている/尊敬」などの花言葉を持っており、母の日参りに供えられています。亡き母親を偲んで供える花の定番として有名な清楚な白いカーネーションですが、清楚で可愛らしい花姿からペットのお供え花としても贈られています。【サイズ】長さ55〜60cm前後

水やり不要でお手入れ簡単な枯れない花ペットのお供えプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、生花の色素を取り除き、特殊な染料を吸わせる加工を施した花です。水やりなどの必要がなく、長く美しさを保つのがプリザーブドフラワーの特長です。お手入れが簡単でサイズもコンパクトなため、飾る場所を選びません。いつまでも変わらぬ亡きペットを偲ぶ想いを込めて仏壇に飾りませんか。

ペットのお供え花とセットでご購入下さいペットのお供えに仏前や墓前に供える線香

線香を供える事で「香りと煙を通じてご先祖様や大切な方と対話が出来る」とされています。また、線香の香りや煙が「虹の橋を渡った亡きペットの食事(香食/こうじき)」であると考えられています。仏壇へのペットのお供えは、「水/花/線香/食事/ロウソク/塗香」の六種類が大切です。

  • ペットのお供え花/線香 和遊(金木犀の香り)
  • ペットのお供え花とセットで贈る線香

    線香 和遊(金木犀の香り)

    1,780円(税込)

    線香「和遊」は、フランスで誕生したデザインを、京都の伝統の技から創り出した美しい箱に仕立てました。パリと京都のデザイナーがコラボレーションした、遊び心のある和モダンデザインの線香です。金木犀(キンモクセイ)の香りが、どこか「懐かしさ」を呼び起こします。お香としても使える現代的な香りで、煙が少ないのが特徴です。線香「和遊」は、ペットのお供え花とセットでご購入下さい。

他にもありますペットのお供えに贈る花

14 件中 1-14 件表示 






14 件中 1-14 件表示 

ペットのお供え花についてのよくある質問

ペットのお供え花/ペットのお供え花についてのよくある質問

ペットのお供えに贈る花とは

ペットのお供え花/ペットのお供えに贈る花とは

天国に旅立ったペットのお悔やみ/お供え花ペットのお供えに贈る花とは

ペットを亡くした方には、ペットと一緒に過ごした楽しい思い出が多くあります。その中には、「お花見で桜を見に行った」「ひまわり畑に行った」「紅葉を楽しんだ」など、花や植物に関係する思い出がある方も多くいます飼い主様とペットの思い出に纏わる花があれば、その花を使ったアレンジメントや花束を贈ってみるのがオススメです。また、ペットとの思い出に纏わるエピソードがあれば、メッセージカードに言葉を添えて贈る事で、ペットの供養にもなりますし、飼い主様の悲しみに寄り添い癒す事も出来るでしょう。

一般的に人間のお悔やみ/お供えの場合、白を基調とした「白上がり」の供花を贈りますが、亡くなったペットのお供え花の場合には明確な決まりはありません。飼い主様の悲しみを癒し、天国へ旅立ったペットが寂しくないように、明るめの色合いのお供え花が選ばれています

ペットのお供えに贈る花とはペットのお供え花を花言葉で選ぶ

ペットのお悔やみにどのような花を贈ろうか迷った時に、「花言葉で選ぶ」方法もオススメです。花はそれぞれ花言葉を持っています。花言葉はその花の佇まいから付けられたものや、色のイメージから付けられたものなど様々です。ここでは、ペットのお悔やみのお供え花に合う花言葉を持つ花を紹介します。花言葉に亡きペットへのお悔やみの気持ちを込めて贈りませんか。

ペットのお供えに贈る花とは白いカーネーションの花言葉「私の愛情は生きている/尊敬」など

「母の日に贈る花」というイメージが強いですが、白色のカーネーションは、ペットのお供え花としても手向けられています。カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」、白色のカーネーションは「私の愛情は生きている/尊敬」などの花言葉を持っています。亡き母親を偲んで供える花の定番として有名な清楚な白いカーネーションですが、母の日参りに限らず亡きペットを偲んで手向けられる事も多いです。

ペットのお供えに贈る花とは白い菊(マム)の花言葉「高潔/高貴/高尚」など

お悔やみ/お供え花の定番は「菊(キク)」です。菊の花は日本の気候に合っており、暑い時季でも長く日持ちします。花びらが散りにくい点も好まれる理由です。高貴で美しい立ち姿が魅力の大輪の白い菊は、仏前に彩りを添えてくれます。また、菊の花は古来より「邪気を祓う」と伝えられています。そして、平安時代から漢方として優れた薬効を持つ薬草としても重宝され、さらに観賞用としても広く親しまれています。

ペットのお供えに贈る花とはユリ(百合)の花言葉「無垢/純粋/威厳」など

存在感のある大輪系の清楚で凛とした白色のユリ(百合)も、ペットのお供え花として手向けられています。ユリは様々な色や品種がありますが、中でも白色のユリはお悔やみ/お供えに相応しい花とされています。ユリも菊の花と同様に暑い時季でも花持ちが良く、蕾も比較的咲きやすいため、仏前に長く飾れます。ユリをお供えする際は、花を長持ちさせるためにも花粉を取り除きましょう。

ペットのお供えに贈る花とはラン(蘭)の花言葉「清純/純粋な愛/愛情」など

穢れのない白色の胡蝶蘭も、ペットのお供え花として手向けられています。胡蝶蘭も菊と同様に暑い時季でも比較的花持ちが良く、花粉も落ちにくい花のため好まれています。胡蝶蘭の清楚で華やかな花姿は、天国へ旅立ったペットを偲び、残された飼い主様の悲しみを癒します

ペットのお供えに贈る花とは薔薇(バラ)の花言葉「愛情/深い尊敬/感謝」など

バラは豪華で上品な雰囲気からお祝い花ギフトの定番ですが、亡きペットを偲び、残された飼い主様の悲しみを癒す花としても人気です。一般的にお悔やみ/お供えには「毒/トゲ」などがある花は好まれませんが、バラの茎のトゲを取り除いて使用しますのでご安心下さい。バラ全体の花言葉は「美/愛情」です。これまでの感謝とともに、今後も変わらない亡きペットへの想いを伝えましょう。※「虹のはし/メモリアル」は、花材の状況によってはバラが入らない場合があります。

ペットのお供えに贈る花とは枯れずに長く飾れるプリザーブドフラワー

大切な家族の一員であるペットを亡くした方の悲しみは計り知れません。悲しみに打ちひしがれ、ペットのお供え花を飾る余裕がなかったり、お悔やみの花を受け取っても花瓶をお持ちでない方もいるでしょう。そのような場合には、花瓶や水やりが不要で、受け取ったらそのまま仏前に飾れる「プリザーブドフラワー」がオススメです。プリザーブドフラワーは造花とは異なり、「生花を特殊加工した枯れない花」です。ペットのお悔やみ花として長い間、仏前を優しく彩り、ペットとのお別れの悲しみも和らぎます。

お悔やみ/お供えプリザーブドフラワー 特集
目次に戻る

シーン別 ペットのお供え花の贈り方とは

ペットのお供え花/シーン別 ペットのお供え花の贈り方とは

シーン別 ペットのお供え花の贈り方とはペットの葬儀を行う場合に贈る花とは

現代では「ペットも家族の一員」という考えから、人間と同じく葬儀を行う方も増えています。ペットの葬儀は「亡きペットをきちんと供養する/残された家族が気持ちの整理をする」などの理由から行われます。ペット霊園や葬儀社において、葬儀の供花が用意される場合があります。その場合、白を基調とした「白上がり」の供花や、落ち着いた淡い色合いのフラワーアレンジメントの場合があります。葬儀の供花を事前に準備出来る場合には、その子のイメージに合った供花を用意する事をオススメします。

ここで注意したい点として、ペット霊園や葬儀社において、外部からの供花の持ち込みを制限している場合があります。ペットの葬儀やお別れのセレモニーで使うペットのお供え花についての希望がある場合には、事前にペット霊園や葬儀社に確認しましょう。

シーン別 ペットのお供え花の贈り方とはペットを火葬/埋葬する場合に贈る花とは

ペットの火葬は飼い主の考え方によります。ペットを火葬する事に抵抗がある方は、自宅の庭にペット用のお墓を建て埋葬する場合もあります。自宅に庭がない場合にはペット霊園に納骨する場合もあります。ペット霊園に納骨をする場合には火葬が行われます。火葬や埋葬の際、棺にペット用のお供え花を入れる事が出来ます。この場合、白色や淡い色の花を贈りましょう。色が濃い花は遺骨に色が移る場合があるため避けましょう。

シーン別 ペットのお供え花の贈り方とはペットの埋葬後/納骨後に贈る花とは

ペット亡き後はペット霊園や自宅の庭に埋葬/納骨されます。自宅にペット用の仏壇を用意して、そこで供養する場合もあります。仏壇にペット用のお供え花を飾っていただく場合には、白色や淡い色に限定する必要はありません。残されたご家族の悲しみを癒すような明るい色合いの花を贈りましょう。仏壇に合わせたサイズのペットのお供え花アレンジメントや花束が人気です。

目次に戻る

友人のペットが亡くなった時に避ける事とは

ペットのお供え花/友人のペットが亡くなった時に避ける事とは

友人のペットが亡くなった時に避ける事とは軽率なアドバイスを避ける

ペットは大切な家族の一員です。まずは「辛かったね」と相手を励まし、「お悔やみ申し上げます/ご冥福をお祈りします」のように、人が亡くなった時と同じような言葉を掛けましょう。お悔やみの気持ちをどんな言葉で伝えれば良いか分からず悩む場合もあるでしょう。ペットを飼った経験がない人は、特に悩んでしまう場合も多いかと思います。無理に言葉を絞り出すよりは、純粋に相手を想い、亡きペットを偲ぶ気持ちを伝えましょう。ここで避けるべきポイントは、「また新しいペットを飼えば元気が出る」「次はどのペットを飼うの?」などの、軽率な言葉はNGです。

友人のペットが亡くなった時に避ける事とは「死」を連想させる発言を避ける

ペットを亡くした友人に、どんな言葉を掛ければ良いか分からない方もいるでしょう。適切でないお悔やみの言葉を掛けてしまうと、「励ましているつもりでも相手に不快で悲しい思いをさせてしまう」事があります。しかし、適切な言葉や花贈りでお悔やみの気持ちを伝えれば、ペットを亡くした方の心の傷や悲しみを少しでも癒す事が出来るかもしれません。この際、特に注意したいのが、「死を連想させる言葉を使わない」事です。「急死した」は「突然の事だったね…」、「生きていた時に」は「元気だった時に」など、飼い主様の友人の気持ちに配慮し、心のこもったお悔やみの言葉を伝えましょう。

友人のペットが亡くなった時に避ける事とは亡くなった原因を詳しく聞く事を避ける

ペットが亡くなった事実を耳にしたら、仲の良い友人であればある程、親身になってあげたいと思う気持ちが増すものです。ここでは、過剰なアドバイスは避け、聞き役として友人の気持ちに寄り添いましょう。ペットとの思い出話や今の気持ちを聞く事で、ペットを亡くした友人も気持ちが楽になる場合もあるでしょう。ご自身がペットを亡くした経験があり、その際の経験を相手が知りたいようであれば、ペット葬儀やペットロスの心のケアについてアドバイスするのも良いでしょう。しかし、亡くなった原因を深く聞く事や過剰なアドバイスはNGです。相手の気持ちに寄り添い、お悔やみの言葉やお供えの花を贈りましょう。

友人のペットが亡くなった時に避ける事とは友人のペットが亡くなった場合に贈る花とは

友人のペットが亡くなった場合にも、飼い主様の悲しみを癒す明るい色合いのフラワーアレンジメントや花束を贈りましょう。白を基調とした「白上がり」や淡い色だけでなく、濃い色の花でも問題はありません。ペット用のお供え花のため、大きすぎないサイズを選びましょう。また、ペットのお供え花を贈る場合には、事前に相手方へ連絡を行いましょう。不在が続く場合などに受け取りが出来ず、花が傷む恐れがあります。生花を加工した枯れないプリザーブドフラワーの場合、不在が続いてもすぐに劣化しないため安心です。

目次に戻る

ペットのお供え花を贈る際のマナーとは

ペットのお供え花/ペットのお供え花を贈る際のマナーとは

ペットのお供え花を贈る際のマナーとはペットのお供え花の予算の相場とは

ペットのお供え花の予算に明確な決まりはありません。飼い主様との関係性によって予算は異なります。一般的には3,000円〜5,000円程度の価格帯の花が選ばれています。飼い主様との関係性が深い場合、付き合いが長い場合などは、5,000円以上のペットのお供え花を贈る方もいらっしゃいます。しかし、最も大切な事は、天国へ旅立ったペットを偲び、残された飼い主様に寄り添う気持ちです。

ペットのお供え花を贈る際のマナーとはペットのお供え花を贈るタイミングとは

ペットのお供えには、人間のような初七日や四十九日などはありません。友人のペットが亡くなった場合には、飼い主様や友人から訃報の連絡を受けたら、出来るだけ早めにペットのお供え花を贈りましょう。亡きペットの命日や月命日をはじめ、ペットの誕生日や記念日などに贈るのもオススメです。ペットは今や大切な家族の一員です。飼い主様の中には、ペットを亡くした直後は「そっとしておいてほしい」という方もおられます。相手の状況を確認して贈るなどの配慮を示す事も大切です。その場合には、2〜3週間後などの少し落ち着いた時期に改めて連絡をするなどして、ペットのお供え花を贈るタイミングを確認すると良いでしょう。

ペットのお供え花を贈る際のマナーとはペットのお供え花を贈る際に配慮する事とは

ペットのお供え花のスタイルには、「フラワーアレンジメント」や「花束」などがあります。贈るのに特にオススメのスタイルは「フラワーアレンジメント」です。フラワーアレンジメントは花カゴに吸水性のスポンジをセットし、そこへ花を挿したスタイルです。受け取った後に花瓶不要でそのまま飾っていただけます。色合いは白を基調とした「白上がり」だけでなく、優しい淡い色合いの花が入ったものがオススメです。花束の場合、花を供えるのに花瓶が必要となります。ペットのお供え花束を贈ったとしても、ペットロスで沈痛している飼い主様へ花瓶を用意させるのは避けたいですね。

ペットのお供え花を贈る際のマナーとはペットのお供え花に添えるメッセージとは

ペットのお供え花を贈る際には、お悔やみのメッセージを添えて贈るのがオススメです。「早く元気になって下さい」など、大切なペットを亡くした方への配慮がない文面や、お悔やみの言葉で相手を傷付ける事のないよう、相手の悲しみに寄り添った文面にするように心掛けましょう。

  • 〇〇ちゃん、天国から私たちのこと見守っていてね。どうか安らかに。
  • 〇〇ちゃんの声が聴こえたような気がして、ふと悲しくなります。今までたくさんありがとうね。
  • たくさんの思い出をありがとう。ずっと忘れません。安らかにお眠り下さい。

当店のメッセージカードは自由入力OKです!
お客様がご注文時にご入力いただいた文面をそのままメッセージカードに印字してお作りします。
ご自身で考えたメッセージを付けて贈れば、あなたの気持ちや想いがより相手に伝わるのでオススメです。
メッセージカードや立て札は無料対応のため、是非メッセージカードを添えてプレゼントしましょう。

目次に戻る

×出荷日の案内

最短の出荷予定日 ※一部商品を除く 地域別の配送日数を
ご確認下さい >>
翌日配送「あす着」
対象商品 >>